あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ダース・いずき

あっ、どうも、いずきです。
一ヶ月以上もブログを書いていなかったですね。
最近の僕はダークサイドに堕ちました。


ffefoiewjfoije.jpg


ダース・いずきと名乗ってブログを続けていこうと思います。
というのは冗談です。ただのいずきです。よろしくお願いします。

    01:16 | Comment:2 | Top

クリフ・ウィリアムズ、脱退表明

AC/DCのベーシスト、クリフ・ウィリアムズが現ツアー終了後、脱退する旨を表明しています。

http://amass.jp/75123/


>「マルコム(ヤング)を失い、フィル(ラッド)も今やブライアン(ジョンソン)もいない。違う動物になってしまった」
>「俺は自身の考えが適切だと感じている」とコメントしています。

    12:47 | Comment:0 | Top

拝啓メタリカ殿

どうやらメタリカの新譜製作も、おおかた進んだ(らしい)ということで、わりに楽しみにしています。
ここに至るまでにジェイムズやらラーズやらが、「60パーセントくらい完成した!」だの「あたためているリフが何個もある!」とか言ってみたり、
新譜に収録予定の曲をちょこっとライヴで演奏してみたり、シングル盤として発売してみたり(アナログ盤もあるよ!)……
まんまと焦らしてくるメタリカ。
つーことで、そろそろ発売も近いだろうとは思っているのですが。

あまり関係ないんすけど、バンドやアーティストのファースト・アルバムとはいいものです。
初期衝動というか、新鮮であるというか、とてつもないエネルギーを感じるというか。そういうのがあります。
されど、ビッグになればなるほど、時代に合わせてみたり、やたらお金のかかったPVを製作してみたり。
そりゃ、ビッグになって儲けて、セレブリティになればそうなることは必然です。
サリンジャーみたいに、突然として隠遁生活しない限りは。
重々承知ですが、やや複雑な気持ちにはなります。いや、メタリカのことではないです、念の為。
メタリカがそうであっても、これはこれで……と楽しんでいます。

メタリカの前作、『デス・マグネティック』は原点回帰を目標として掲げたアルバムでした。
プロデューサーはマルクスみたいなヒゲのリック・ルービンさん。
原点回帰と聞いて、ファーストやセカンド・アルバムの衝撃的な、いわゆるスラッシュ・メタルと呼ばれている音を求めたファンも少なくないでしょう。
そうしてデス・マグネティックが発売されたわけですが、もちろん発売日に買って聴きました。
んで、思いました。
原点回帰って、ジャスティス・フォー・オールくらいにしか遡ってないじゃん! と。曲も長いし。
まあ、そこのところは置いといて、好きなアルバムです。曲長いのがいいんです。

そしてメタリカは、「お前ら、そんなに原点が好きなら、これ出すわ」と言わんばかりに、
ファースト・アルバム『キル・エム・オール』、セカンド・アルバム『ライド・ザ・ライトニング』の超豪華な内容の詰まった、それぞれ二万円くらいするボックス・セットを出しました。
さあ、買えよ。
そりゃ買いましたよ。もちろん買います。
たけーよ、とぼやきながら(または、安いもんだぜと)、メタリカのファンは身銭を切るのです。

さあ、そろそろメタリカよ、新譜を出してくれ。
僕は楽しみにしているんだ。
新譜収録予定の曲をウォークマンに入れて毎日ジョギングをしていたんだ。
たまにLiveMetallicaからライヴ音源を千円くらいで買って心待ちにしていたんだ。
メタリカ関連のニュースだってこまめにチェックしていた。
ジェイソンがよく着ていたSad But TrueのTシャツを探しているが、未だに手元にはない。
ボックス・セットも買った。カーステレオではよくメタリカをかけている。携帯の着信音はSeek & Destroyのイントロ。
魔法瓶にはメタリカのステッカーを貼っているんだ。
そろそろいいだろう、頼むよメタリカ。

    01:19 | Comment:0 | Top

れいんぼーしっくす

僕はPS3を購入して最初にプレイしたゲームがCoD4で、それからFPS一辺倒のゲーム日々です。
あの魅力に取り憑かれてから、僕のゲーム観を完璧に塗り替えられました。
一人称視点のゲームではないと、あまりやる気が失せてしまうくらい。
それまではわりに、いろいろなゲームもしていたのだけれど……。

今は『レインボーシックス・シージ』というゲームをプレイしております。
特殊部隊ものです。
それぞれ特殊スキルを持った隊員を自由に選び、チームと共に戦術的にミッションをこなしていくゲームです。
これがとてもおもしろいんだ。
言葉をかわさない、先程一分前くらいに出会った、どこかしらの人と、無言の連携ができた際の嬉しさときたら、もうたまらないです。

それで気付いたのだけれど、僕はガンガン突撃して戦功をあげるよりも、後方支援系が性に合っているようです。
アーマーパックを置いて味方の防御力強化をしたり、味方のうしろをコソコソと付いて行って、軽機関銃の支援射撃をしてみたり。
たまにうずうずして突撃したりもするけど。たいてい敵のいいようにやられてしまいます。歩くポイント袋です。
僕自身、活躍することはないですけれど、楽しくやっています。

CoD4の頃からいっしょにやっていたフレンドさん、みんなだいたいログインしなくなってしまった。
だけど一人だけ、ずっといっしょにやってくれている人がいます。ありがたいです。
今度ラーメン奢ります。

    22:20 | Comment:0 | Top

社会のルール

家族が録画していたテレビ番組をポケーと見ておりました。
大学留年した息子、怒りに触れた父親が退学届を出してしまった、と。
息子は置き手紙一枚を残して家出、探してほしいという親が、番組側に依頼したもの。
番組名は伏せます。なんとなく。

結果的に、その息子さんは仕事をして暮らしていることが判明。
番組側の取り計らいで家族と再会したが、父親が「頭を下げろ、それが社会のルールじゃ」と恫喝して土下座を強要していました。

他人の家族の教育方針にあまり言うべきことじゃないんですが、「社会のルール」だとか声高に叫ぶ人は僕は苦手です。
「社会のルール」とやらは、結局のところ、「俺のルール」です。
太宰治の小説にもありましたよね。「世間というのは、君じゃないか」というの。

そもそもこの家族、全員がヘラヘラと笑っていて違和感を感じていました。
社会のルールというけれど、息子が行方知れずなのにヘラヘラ笑って、テレビ番組に依頼するというのは、その「社会のルール」とやらから外れないのだろうか?
それと、その両親の年齢から計算すると、父十八歳、母十六歳くらいで生んでいるのですよね。
十六歳の女の子を妊娠させるのって、その「社会のルール」とやらからするとどうなのでしょう。

「社会のルール」もそうなのですが、「常識」だとか、「社会人たるもの」とか、そういった言葉を振り上げて人を押し込めようとする人を僕は「インチキ」であるとささやかに思っています。

    17:08 | Comment:2 | Top
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。