あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 

『帰ってきたヒトラー』を読みました

kaettekitahitoraue.jpg kaettekitahitorashita.jpg


ドイツで物議を醸した作品です。
アドルフ・ヒトラーその人が現代にタイムスリップしたという素敵な話。
この設定を知っただけでわくわくと胸のときめきが止まらず、手に取った次第です。

ヒトラーは自ら生きた時代と現代のあらゆる環境の違いから最初は戸惑いますが、次第に順応していきます。
周りの人々はヒトラーのそっくりさんと認識します。
ヒトラーの言うことは至極本気ですが、人々はヒトラー的なブラック・ジョークだと捉え、
なんやかんやでコメディアンとして大いなる人気を博すことになります。
彼と周囲の人々の会話の噛み合わなさや、ズレ、勘違いがとても笑える。
ヒトラーの強烈な語り口による現代批判、社会批判には思わず頷いてしまうところもあります。
しかしこれは著者の見事なハニートラップの気がしてならない。
部分的ではあるが、本当に彼と同調していいのだろうかとモヤモヤが残るのです。
コメディちっくではあるけれども、背筋が凍るような恐ろしさがあります。

多くのヒトラーを扱った作品では彼を単なる気狂いと描いていることが多い。
これには少なからず違和感を覚える人もいるでしょう。
果たして、彼は単なる気狂いだったのか。
ヒトラーは選挙によって民主的に選ばれた政治家です。
彼はドイツ経済を立て直し、雇用を生み、連合国に打ち砕かれた誇りを取り戻しました。
人々を煽動する演説能力はおそるべき手腕と認めざるを得ない。

著者は「人々は、気の狂った男を選んだりしない」と言っています。
つまり、単なる気狂いとして描いただけでは、何故あのような悲劇が起こったのか本質が見えないということなのです。
本書のヒトラーは魅力的であり、頭の切れる人物として描かれています。
真っ当な政治批判をし、人々を惹きつける。だからこそ恐ろしい。
この小説はドイツだけではなく、あらゆる国に対して警鐘を鳴らしているのではないか。
現代社会にヒトラーをのさばらせる可能性があることに?
「悪いことばかりじゃなかった」にゾッとする。

    22:12 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。