あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ボイジャーのゴールデンレコードに入れてほしかったんだけどな……

僕はどういうわけか流行りものに安易に乗っかりたくないと考えながら生きています。
頭っからまるっきり興味無い場合もあるんだけど、「ちょっと興味あるな」ということにも、流行っているという理由だけで避けて通ったりしている。
最近だと「ドラマの『glee』がスゴイ!」と話題になった時、興味ありまくりで仕方なかったんだけどあえて観ずに、ほとぼりが幾分か冷めた(?)時期あたりに観始めた。
中学や高校の頃はそれがもっと顕著だった気がする。今もまだそういうところある。

みんなが右向いてりゃ、気に入りようが気に入るまいが左向きたくなる。
こういうのなんていうんだっけ? いや、別に性格悪いわけではないですよ。多分……。

変な例えを思いついちゃったんだけど。
僕は今でこそビートルズが大好きで、無人島に持っていくレコードの一枚はビートルズの中から必ず選びたいし、調子のいい時なんかは『ヒア・カムズ・ザ・サン』のメロディを口ずさんだりしています。
そんな僕がビートルズ旋風が猛威を振るった六十年代に青春時代を過ごしたとする。
音楽雑誌ではこれからはビートルズの時代だと持てはやし、友人たちはビートルズのシングルが出る度に熱くなり、レコード店ではビートルズのレコードがこれ見よがしにズラッと並ぶ。
ラジオではビートルズのリクエストが殺到し、彼らが来日するとなるとさあ大変、失神者も続出よ。
そんな時代にいたとしたら……もちろん、その時代の空気を肌で感じ、ビートルズをリアルタイムで体験できることはこの上ない幸せではありますが……
そんなタイムトラベラー的意識は無しにして、自分の人生の青春がそんな時代にあったとすると……まぁ、ビートルズを避けちゃうかもしれない。
「ケッ、なにがビートルズだよ。ブルース聴け、ブルース」とか悪態つくクソガキが僕かもしれない。
友人達の前で、ミュージック・ライフのビートルズ特集を開きながら「ほら見てみろよ、なんてうさんくさい四人組だ」とか嫌らしいことを言うのかも。


……いや、そこまでひねくれ者ではないのだと、僕は僕を信じたいところです。


だけど、ビートルズが好きだと大っぴらには言わない(言えない)だろうとは思います。
それでも根っこでは嫌っていなくて、こっそりレコードを買って、こっそりと聴いているかもしれない。
もしかしたら、ラジオでビートルズの曲がかかることを密かに期待しているかもしれない。
そういう感じでビートルズの音楽と付き合いつつ、七十年代を迎えていそう。

変なシミュレーションをしてしまいました。
何が言いたいかというと……えーと、解散して四十年以上も多くの人に聴き継がれているビートルズはすごい!
ということにします。
締め




    23:45 | Comment:2 | Top
 
Comment
 
 
2013.07.30 Tue 13:45 naokichiman  #-
こんちは、

ビートルズは凄い!偉い!一曲一曲が完成されすぎ。

「ケッ、なにがビートルズだよ。ブルース聴け、ブルース」
あ~、ね。ありそう、ありそう(笑)。
普段からしてAC/DCとか聴いている身としてはね(爆)。
  [URL][Edit]
2013.07.30 Tue 23:35 いずき  #a9LSzAx2
>naokichimanさん

こんにちはです。

ビートルズ本当にいいです。
アルバム聴いていると次々と名曲がドバドバ耳に飛び込んでくるから驚きます。
メンバーのソロ時代のアルバムも興味ありますので、今度聴いてみたいと思っています。

AC/DCを聴いているとチャック・ベリーやブルースに格段と気になりだしますね。
アンガスもブライアンも根っこにあるのはブルースともインタビューで言っていましたし。

僕は最近、マディ・ウォーターズを理解しようとつとめています。
いいブルースありましたら教えてください。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。