あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

『スーパーナチュラル』シーズン6を観終えました

spn-season-666.jpg

このサムの蛇が何を意味しているのか、話を追いながらずっと考えていました。


つーわけで『スーパーナチュラル』のシーズン6を観終えました。
シーズン7のブルーレイ/DVDも既に発売されているので早いうちに観たいところ。

えーと、で。
シーズン6を観終わったときの感想としては、


どうなんねんっっっ!!!


ですね、えぇ。
どういうことか言ってしまうとネタバレになってしまうので控えておきますが、これは……。
正直面食らってしまいました。悲しいよ、悲しいよ、続きが気になるよ。


以下、シーズン6の感想。ネタバレ全開です。


またもや、やってくれました。
いわゆるひとつのシーズン最終話にして次シーズンに問題持ち越しってやつ。
今回の「問題持ち越し」は今まででトップクラスに入るショッキングな出来事でした。

だって、キャスが……キャスが……。
いやね、気持ちはわかるよ! 気持ちはわかるんだけど……。
自分が正しいと思ってやったことが身近な人たち(ディーンやサム、バルサザール)に理解されなくて悩むキャス……
キャスの選択が正しいか、正しくないか。
もう手段を選ばざるを得ない状況だったのか、あの選択はどうしようもなく間違っていたのか、
今となっては結果論でしか語れませんが、あれは……。

ついにキャス、理解されない苦しみと、手に入れた膨大なパワーで暴走状態に。
自らを神宣言したときは「あんた誰やねん」と呟いてしまったよ!
こらー! キャスー! 戻ってこーい!
今なら間に合うよ!!!


それで、シーズン6を振り返ってみると、不完全燃焼というか、これでいいのかというか。
シーズン5で一先ず一連の決着がついて、シーズン6から新章だと聞いていたから期待していたんです。
そう、最初の頃の狩り一筋なシーズンになると。

確かに、狩りのエピソードは楽しくて、復活したサムの何者かわからない不気味さはわくわくさせられました。
ボビーのありがたみがわかる話もあったし、お笑い回は楽しかった。
コルトさんも出てきたし。
そうそう! あの話はウエスタン好きにはたまらないですよね!!!
ディーンの微妙なコスプレ具合で現地の人に「いい毛布だな」と言われてポンチョを脱ぎ去ったり、
ディーンがバッジをこれみよがしに見せて「クリント・イーストウッド」と名乗り、流れる『続・夕陽のガンマン』っぽいBGM、
ウエスタン回のラストで配達員が荷物を持ってきたところで「あれ、もしかして……」と思ったら案の定だった展開には笑いっぱなしでした。
でもあれ、お笑い回のようで、その後に大きな影響を及ぼすんですよね。

そうそう。
ラヴクラフトさんを絡ませたのは個人的にちょっと……。
もしかしてクトゥルフものをするのかな、と思ったらあの扱い。
どうしようもない間抜け作家のように描写されていたし、ヤツには「あのヘボ作家」とか言われてしまう。
なんだか納得いかない。


それに。
シーズン6で新たな敵として登場したイヴさんも、それほど強敵には思えず、
あっさり撃退されてクラウリーに死体を弄られてしまうし、
せっかく復活したサミュエルお爺ちゃんも新たに生まれた如何にも小者のナメクジ・モンスターにやられちゃうし、
怪物どもの始祖達も結局は悪魔どもにいいようにやられる格下な存在で……

あとね……もう天界の話はもういいかな。
キャスは大好きなんだけど、それほど天界に絡んだ話は面白いと思えない。
んー、またシーズン1の頃の西部劇っぽくて、幽霊や怪物どもが不気味なんだけど、兄弟が華麗に、時にはゴリ押しでハンティング・ロードを突き進むようになってくれないかな。


不満ばっかり書いてしまったのだけど……シーズン6はめっちょ面白かったです。
シーズン7を早く観たい! うん、それは正直な感想です。
キャス、どうなるんだ……。

    10:37 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。