あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

新ビバリーヒルズ青春白書3 14話「裏切り」

つーわけで新ビバリーヒルズです。
実家に帰っていたため更新できませんでした。
今、布団にくるまりながら書いています。あったかい。



こンのォーッ! ペテン導師がァッ!


例のヨガ教室に大いなる感銘を受けてすっかりハマってしまったナオミさん。
ブランドなどいらぬ、時代はエコとヘルシー……人間は自然に還るのよ! というような出で立ちで登場。
口調も穏やかで、なんだか怖い。
シルバーからは「『レイ・オブ・ライト』の頃のマドンナみたい」と言われます。
アイヴィーは「カルト集団はどうだった?」と皮肉たっぷりに言い放ちますが、ナオミは変わらずオダヤカーに「すばらしかった……興味深くて、意義深い」とね。
ナオミはヨガ教室でのソナ導師を崇拝しており、まるで人が変わってしまった。
だけど微妙に“ナオミ節”は抜け切れてないよう。
「じゃあ、ナマステ、女ども」というように。


ナオミはソナ導師とその宗教団体のために、自費で盛大なパーティを開くことにします。
この時点でもう、ナオミはいろいろと騙されていないか心配になってきます。
ソナ導師とやらも「トパンガ・キャニオンの新しい健康センター建てたいんだわー、でもその土地がすっげぇ高いんだわー」とナオミに告げる。
すごく、ヤバい。
これは「土地高いんだわー、お金を持っている人にお金出してほしいわー」というような意味を含めているように思える。


で。
そのパーティ当日。呼ばれたシルバーとエイドリアナ。
この二人はナオミのようにこの宗教団体に気を許しているわけではなく、うさんくさげに見ています。


エイドリアナ「ソナ導師にすっかりハマってる」
シルバー「ホント……。ちょっと普通じゃあないよね」
エイド「ナオミ、マニキュアもペディキュアもしてない」
シルバ「変。でも害はないか。前にハマったものより健康的だよね」
エイド「日焼けブースでのセックス?」
シルバ「例えば、そう」


ナオミ、何やってんねん。
それで、そのパーティの主催者本人であるナオミは太鼓の音と、引き連れた同志たちとともに、奇妙な踊りをしながら登場。なんの儀式だよ。
シルバーは「これから処女をいけにえにするのかな?」
エイドリアナはそれに対し「とりあえずナオミは安全よ」
良いコンビだ。

ソナ導師の言葉「ナオミは大変寛大な寄付をしてくれました」から、どうやらナオミは支払ってしまったよう。
「神聖な40平方キロメートルもの土地」をね。
それを聞いたシルバーとエイドリアナは疑り深げな顔。
シルバーはナオミに、ストレートには言わないものの、「おいおい大丈夫かよ」と暗に警告をします。
しかし「たかがお金よ」とナオミさん。
「彼女のことよく知ってるの?」「信用して大丈夫?」という言葉に、ナオミは……


「キツツキなのね。疑いを抱く人よ。シャイニング・ツリーに穴をうがとうとする者……。
でも、私の信念は揺らがない。紅茶キノコ・カクテルを取ってくるわ」


……。
シルバーは少し眉にシワを寄せ、エイドリアナは何とも言えないような苦笑い。

宗教……というより、ソナ導師にハマったナオミもそう長くは続かない。
ナオミはソナ導師に「あなたの魂は他の人より高みにいるわ」と言われて舞い上がっていました。
しかし、他の信者にも同じ言葉をかけていたことを知ります。
それにブチギレたナオミ。

パーティのスピーチでナオミは「ソナ導師に裏切られた心境」をぶちまけました。
「ソナ導師はインチキ女!」「弱っていた私を利用した!」「うそつきの詐欺師!」「全部まとめてクソくらえ!」とね。
しかしソナ導師はそのままの調子で「彼女は苦しんでいる。しゃべらせてあげて」と余裕ぶっこいた顔と声音でナオミに言う。
土地を返せよ、とナオミは詰め寄りますが、既に財団への譲渡証書に署名してしまったため、土地はもうソナ導師のもの。
「いいのナオミ、感情を吐き出して。怒りを捨てるの。これも魂の旅の一部なの」とぬかすソナ導師ですが、ナオミは騙されない。魂の叫びがなんだよ、金返しなさいよオラァッ! 


ソナ導師率いるこの宗教団体はどこまで腐っているかは、今のところわかりません。
だが、これだけは言える。信用できる連中ではない。


ソナ導師関連でもうひとつ。
ナオミのすすめで、ソナ導師に会うことにしたアイヴィー。
アイヴィーは前にサーフィンで事故を起こし、水への恐怖心が心に植えつけられてしまった。
僕もスポーツでそういう経験があるので気持ちはわかります。

が、相談したお相手がソナ導師ってのがまずかった。
アイヴィーの水への恐怖心はすり切れた……んだけど、それはマリファナだかなんだかのおかげで。
ちょっと……。



ハエ娘の恐怖


インターン先でとある劇場のオーディションを受けられることになったアニーさん。
アニーはシーズン1から演技をするの大好きっ娘でしたからね。
すごく喜んでいます。
しかし、そんなアニーを邪魔する恐怖のハエ娘……エミリーです。

リアムとお付き合いしているアニー。
リアムの「アニーがオーディションを受けるんだって。それでセリフの相手してほしいんだと。すごいチャンスなんだってさ」という会話を聞いてしまったハエ娘、エミリー。
あのエミリーがこのまま黙っているとは思えない。
そう、もちろんアニーの邪魔をするんですね、このハエ。

アニーのオーディション先まで行き、「私はアニーのことを応援しているのよ!」といったアピールは忘れない。
そういった会話の中にこっそりと一服盛ります。
「アニーのお母さんとマシューズ先生は付き合ってるのよ☆」とね。
エミリーは前の話しでアニーのお母さん、デビーと、アニーが通うハイスクールの国語教師、マシューズ先生がキスしていたところを偶然見てしまったのです。
アニーは知らないし、兄貴のディクソンも知らないこと。
それをオーディション直前に知ってしまったアニーはビックリ。
エミリーは「知らなかったんだー、付き合ってることー!」と素晴らしい演技。やってくれるね。
「ごめん」と言いますが、アニーが背を向けると、してやったり! といった顔。

あまりの衝撃に心を掻き乱されたアニーはオーディションはうまくいきませんでした。
これも、エミリーの作戦。

アニーは帰って、そのことについてデビーと話し合います。
すごく変な感じだけど、ママが幸せなら私はそれでいいよ。と。
良い子ねー、アニー。


で。
エミリーはちゃっかりオーディションを受けていました。
結果は……合格。アニーが取ることができなかった役を、自分のものに。
ハエ娘の恐怖はまだまだ続く。



カミングアウトのためならなんだってするぜ


まだ自分がゲイだとカミングアウトしないテディ。
そんなテディのロッカーにはテディとイアンくんがキスしている写真とともに、お金払えという脅しのメッセージが入っていました。
テディはイアンくんに相談します。
だけどテディはカミングアウトはまだしない、黙ってお金を払うと言います。

シルバーはテディがゲイだと気付いています。
シルバーの観察眼はすごいよね。

ところかわって、ナオミ主催のナマステパーティにて。
シルバーやエイドリアナ、リアムなどがいっしょにご飯を食べているところに手を繋いだテディとイアンくんが登場。
ナオミはその光景を見て「オー・マイ・ゲイ」と。
そういうわけで、ようやくゲイだとカミングアウトできたテディ。

その開放感と、後ろめたさなしにイアンくんと付き合えることに喜びを見出しましたが……。
ロッカーに入っていた脅迫文はイアンくんがしたことだと、彼の些細なミスでテディにバレてしまった。
「脅迫文がロッカーに入っていたことは、俺は言ってない」
イアンくんはテディがカミングアウトするように後押しするために、良かれと思ってやったことだけど、
テディはその行為自体を認めませんでした。

……このカップルも終わりかな?



今週の新ビバリーヒルズはこんな感じです。
書きませんでしたが、エイドリアナとナヴィ男の関係はどんどん終焉に向かっています。
このまま別れてシルバーとくっつくのかな?
関係ないけど、この話のシルバーと僕の髪型が似ていて少しビックリした。

    23:13 | Comment:4 | Top
 
Comment
 
 
2012.02.19 Sun 18:02 あん  #WCRhw2rM
最後の関係ない話で笑いました。。笑
今回ぶんもたのしみにしてますー!^^
  [URL][Edit]
2012.02.19 Sun 21:47 いずき  #a9LSzAx2
>あんさん

こんばんは。
まるで関係無いですけど、本当に似ていたので……。
今回のぶんは更新しました。
  [URL][Edit]
2012.02.23 Thu 14:43 アカクロ  #-
更新止まってると思って久々に覗いたらものすごい更新されてた。
エミリー
苦手なタイプのキャラやなぁ

でもこういうのに限って共通の敵とか出てきたら強い味方になったりするし
もう少し大人しく待ってみようかな。
ナオミも目を覚ましたみたいだし大丈夫かな?
ちょいちょいお金なくなるイベント起きてる気がするけど…

そいや最近ジェン見ないな

あと
やっぱりロングのシルバーがいいです。
  [URL][Edit]
2012.02.23 Thu 16:54 いずき  #a9LSzAx2
>アカクロさん

どうも。実家にいたので更新できなかった……。

エミリーさんは新ビバリーヒルズきっての陰湿小者キャラです。
共通の敵が出てきたら強い味方……いやぁ、どうでしょう。
小者感バリバリの雰囲気を醸し出していますし。
ジェン様は少しだけ味方になってくれて頼もしかったんですが、エミリー……うーん、エミリー……。
どうかなぁ。

20万ドルをポン、と出せるナオミさんの財力すごすぎです。
とても高校生とは思えない……。

シルバーは僕もロングが好きです。
ロングは好み!
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。