あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ボブ・ディランのライク・ア・ローリング・ストーン

いずきです、こんにちは。

前に『テイク・イット・イージー』を記事を書いた覚えがあります。というより書きました。
今回は『ライク・ア・ローリング・ストーン』について。



まぁ、今さら僕のような20歳そこらの若造が語るには申し訳ないような名曲なんですが、
できるだけ失礼のないよう、個人的な思いを含めて書きたいと思います。

この曲は、ボブ・ディランが1965年にシングルとしてリリースされ、アルバム『追憶のハイウェイ61』(名盤です)に収録されています。


51D2YM12PDLSS500.jpg
『追憶のハイウェイ61』


ボブ・ディランはこの曲を発表する以前からフォーク・シンガーのホープとして活躍していました。
しかし、ディランはそのフォーク・シンガーの装いを捨て、エレクトリック・ギターを背負いロックのサウンドを鳴らしました。
ディランは以前にも電子楽器を使用したアルバム『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』でロックへの接近を果たしていますが、ロックにメッセージ性を与え、新たな時代の幕開けを宣言するという象徴的な意味合いではこの『ライク・ア・ローリング・ストーン』が最高の一曲だと言えます。

ロックンロールに新たなる可能性が広げ、自分の望むサウンドを手に入れたディラン。
しかし、フォークを愛好し、ロックを侮蔑の対象として見ていた人たちからすると、ディランの方向転換はそれはもう不評であったようです。
ドキュメンタリー映画『ノー・ディレクション・ホーム』ではディランと観客のやり取りから、この曲をめぐる反発がどのようなものであったのかがうかがい知ることができます。
観客はディランに「裏切り者め!」と叫ぶ。それに対してディランは「でたらめ言うな」と返します。「お前は嘘つきだ」と。
そしてディランは「お前らがどう思おうが、これは俺の歌だ」と言わんばかりに大音量で『ライク・ア・ローリング・ストーン』を掻き鳴らしたのです。
これは伝説の名演としていまだ語り継がれています。だってカッコ良いんだもん。

確かに、既にロックンロールは文化として確立されていましたが、やはり「若者が好む下劣な音楽」として見下す人もいたようで、そういう人たちにディランは強烈に、ロックンロールは文学的表現、思想的表現が可能であると示したのです。
この変化は単なるスタイルの変化だけではなく、ひとつの時代の変化でした。


歌詞のみならず、曲の長さや構成も型破りなものでした。
ディランの目指した「ワイルドで水銀のようなサウンド」が具現化されており、マイク・ブルームフィールドやアル・クーパーらの素晴らしい演奏陣によって、そのとてつもないエネルギーが伝わってきます。
アル・クーパーの印象的なオルガンからはじまり、「かつてあんたは着飾って、物乞いに小銭を投げていたよな?」というディランによる歌い出し。
上流階級に属していた女性が底辺まで落ちぶれてしまったことを歌っており、そこから畳み掛けるようなディランの「どんな気持ちだ?」という問いかけは皮肉たっぷりで僕はどうもゾクゾクしちゃいます。
上流階級の風刺と皮肉、反体制的な批評がこの歌のメッセージだと言われています……が、
僕はそう難しいことは考えず、大いなる皮肉曲として楽しんでいます。



で。
僕はこの曲を座右の銘としています。
歌詞の「落ちぶれた女性」のようになりたいというような破滅願望があるわけではないです。
なんだろう、「転がる石のように生きよう」と考えると人生が割と楽に考えられるからかな。
どうせ一度きりの人生なんだから、転がり石のように楽しく生きよう! というような。
そう、歌詞の意味からはずいぶんと外れていますが、そういう……。

……なんだか適当だな。今回はこんな感じです。えぇ。


http://youtu.be/hk3mAX5xdxo


ちなみに。
このボブ・ディランは音楽だけではなく人物像としても大好きで、
とあるインタビューで「俺がやらなくても、他の誰かがやっていた」と言い捨てたことは有名です。
その他にも


――あなたはフォーク・ロックを……


「俺がフォーク・ロックを? そんなことした覚えはないな」


――『追憶のハイウェイ61』のジャケットは哲学的な意味があるように思えるのですが


「ないよ。あれは座っているところを撮っただけ」


――あなたの曲についてさまざまな議論が重ねられていることはどう思います?


「大歓迎さ」




こういうつかみ所のないような人で、僕は大好きですね。
このインタビューは『ボブ・ディラン 全年代インタビュー集 完全保存版』で読むことができます。
いいですよ、これ。

    08:31 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。