あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

新ビバリーヒルズ青春白書3 6話「裸の季節」

はい、今週の新ビバリーヒルズです。
現在の日本は裸の季節ではないですね。
上半身裸で外に飛び出すところを想像するだけで鳥肌が立ちます。



キャノン先生包囲網


ナオミをレイプした性犯罪者・キャノン先生。
その事実はシルバー、アニー、エイドリアナだけではなく、ナオミの実姉であるジェン様、その夫となる予定のマシューズ先生も知ることとなりました。

先週の話でジェン様の子どもが産まれました。
マシューズ先生は生徒であり、ジェン様の妹であるナオミに、姪っ子を見に来ないか、と提案します。
ジェン様とはいろいろあったナオミはノリ気ではありませんでしたが、姪っ子の写真を見せられて見に行くことにします。子どもには罪、ないものね。

シルバーといっしょにテディ・ベアを持ってジェン様のところにいくナオミ。
険悪な二人の雰囲気。ジェン様は「このテディ・ベアの中に盗撮カメラかなにか設置してあるんじゃあないの?」とかなんとかケンカするきマンマンでナオミと対峙。
それをエキサイティングだかエグゾディアだか忘れましたが、その、ジェン様のエ……なんとかマネージャーとなった、アニーとディクソンの母親、デビーがなだめます。伊達に母親やってないぜ、ってなもんです。

赤ちゃんを見に行くナオミとシルバー。その後ろ姿を見ながらテディ・ベアをナイフで切り裂いて中に何か設置されてないか確認するジェン。こえーよ。

赤ちゃんはかわいく、笑顔を見せるナオミとシルバー。
話の流れで、シルバーとナオミはキャノン先生のことに触れます。ナオミは「もう誰にも知られたくないでござる、キャノンにレイプされたこと」などと口走ります。
で、どうやらその部屋には隠しマイクが設置されていたようで、バッチリ、ジェンの耳に入りました。
演技などではなく、マジで心配しているジェン。
ナオミに詰め寄り、「全部話して。私を信じて」と言いますがナオミはテディ・ベアの惨殺死体を見て「私を……信じなかったくせに」というセリフを残しバイバイサヨナラします。
ジェンは神妙な顔つきでシルバーに「シルバー、教えてちょうだい。キャノンって誰なの?」と尋ねました。このときのジェン、ものすごい凶悪なオーラが出ていた気がします。
それもそのはず、いがみ合っているとはいえ、実の妹をレイプした男を許せるはずがない。

ジェンはその後、夫(になる予定だっけ?)のライアン・マシューズ先生にキャノンってのは誰なのか聞きます。
マシューズ先生とキャノン先生は同じハイスクールに勤める教師ですからね。
ジェンから話を聞いて何かを思い出したマシューズ先生。
それはあの時、ナオミがキャノン先生にレイプされたときに、マシューズ先生は部屋の中にいるナオミとキャノン先生を見ている。
見ている、といっても、ベロンベロンに酔った状態で、外から窓越のナオミとブラインドをしめるキャノン先生を見た、という程度のものです。
それでもまぁ、ひとつの証言ではあります。

余談ですが、あの時のマシューズ先生はジェンにフラれたせいで酔いながら車を運転していて、ハイスクールの看板をぶっ壊したんですね。
バレなかったけど、この証言をすると、教師をクビになるかも。

ともかく。
マシューズ先生もキャノン先生を、ナオミのためにも、ジェンのためにも法で罰するべき。だからナオミは告訴してほしいと伝えます。
ナオミは消極的でしたが、マシューズ先生は必死に訴えかける。「考えてもみろ、彼が君にしたことを」「他にも被害者がいるかも」「君が告訴しなければ、彼は大手を振って街を歩き続け、君の姉さんは自分でカタをつけようとする」
ジェン、すごく怒っているようで、ナオミのためなら人も殺しかねないという状態。
「去勢するべき!」とも言っていましたね。だからジェンの刑務所行きを防ぐという意味でも、告訴するべきだと。
勢いづいたジェンはブレーキの壊れた大型トレーラー。誰にも止められない。

そういうわけで。
ジェンの気持ちを理解したナオミ。
ナオミはジェンのところに向かい、和解しました。
よしよし。



家庭をブチ壊されたから……ブチ壊返す!


裏でいろいろ工作したり、巧みな話術と生まれ持ったハンサム顔、セクシーな雰囲気を醸し出すオーラでアイヴィーの処女を奪ったオスカーくん。
僕はただ、オスカーくんはアイヴィーの処女を奪いたいだけのように思っていた。アイヴィーがヴァージンだと知ると「ほほ~ぅ」みたいな顔していたし……あぁ、こいつ生粋のスナイパーだな、とね。

アイヴィーはオスカーくんと同じベッドで寝ている状態で、朝、起床。
するとディクソンがたずねてきました。「HIV陽性かもだったから、君を避けていた」などと謝罪。真実を知ったアイヴィーはすさまじい後悔の念にかられます。
あの時のアイヴィーは哀しみのドン底、そこにその哀しみを癒そうと近づいてくるハンサム・ボーイ、オスカーくん。オスカーの野郎はアイヴィーの弱みにつけこんで……ね。最低だ。

で。
実はオスカーくん、アイヴィーの母親であるローレルとも関係を持っていました。
ローレルは音楽業界で働いている人で、エイドリアナの才能を発掘し、一時期マシューズ先生とちょっとしたお付き合いをしていました。
オスカーくんは、母親と娘と、男女の関係を結んでいたって、よくよく考えてみるといかがわしい感じです。

ローレルは、娘のアイヴィーがオスカーくんと寝たことを知ると怒り心頭。
オスカーくんは飄々としています。ローレルは私との関係はアイヴィーには言わないようオスカーくんに釘をさします。
表面上ではオーケーしたオスカーくんです……が。

ローレルとアイヴィーがいっしょのところで、全部バラしてしまうオスカーくん。
アイヴィーはショックのあまり逃げるように立ち去ります。
ローレルは追いますがアイヴィーは取り合ってくれない。そりゃあそうなります。

ローレル、めっちゃ怒っている顔でオスカーくんに「よくもあんなこと……」と。
するとオスカーくんは「俺の家族を壊したろ? だからあんたの家族も壊そうと思った」などと供述しており。
……って、え?

つまりはこういうこと。
オスカーくんの親父さんは妻がいながらローレルとお付き合いをしていた。
振り回された親父さんは、妻、つまりオスカーくんの実の母親を捨てた。
ローレルは親父さんとの関係を本気と思ってはいなかった。
今は親父さんは立ち直ってすっかり元気だが、オスカーくんの母親は、ローレルのせいで酒をクスリに溺れてしまった。
結局、死んだ。
オスカーくんは「これであいこだな?」
目には目を、歯には歯を。ハンムラビ法典かよ。

が、しかし、復讐としてはちょっぴり手ぬるい気はします。


誰もいないところですすり泣くアイヴィー……。
このままじゃあアイヴィーがかわいそうすぎる。



もっとビッグにっ……! ビッグにならなければっ……!


ビクターとかいうオッサンに脅されていい商売道具にされているエイドリアナ。
ほとんど命令で雑誌の表紙を飾るトップレス写真を撮るよう言われます。
しかしエイドリアナ、胸大きゲフンゲフン……。

ボーイ・フレンドのナヴィドはやりすぎだ、と反対します。
耐え切れなくなったエイドリアナはナヴィドにすべてを打ち明ける。
ハビエルが死ぬ直前に渡されたノートから曲をパクって自分のものとしたことが、ハビエルのおじにバレてしまい、脅されながら歌手の仕事をさせられていることをね。
ナヴィドはエイドリアナに「確かに君は悪いことをしたが、悪人じゃあない。今からでも間に合う、本当のことを話して、これから良い事をするんだ」と諭します。
決意のかたまったエイドリアナはビクターに「もうやめる。あの事を話したければ話せばいい」と強気に。

しかしビクターは「あぁ~残念だな~実はあの写真が雑誌の表紙になってねェ~」と告げる。
なんか大喜びするエイドリアナ。その雑誌というのはすごく権威のある雑誌なのかな。だからこんなに喜んでいるんでしょう。

ビクターは「でも仕方ないなァ~君はもうやめるんだよねェ~」と言いますがエイドリアナは「続けます! 私はビッグになりたい!」と。
ビクターは「よしきた!」と言わんばかりに次の仕事のことを……。

え、えいどりあな……戻ってこーい。



この兄弟、なにかあるぜよ


腹違いだか父親違いだか忘れましたが、そういう兄弟のリアムとチャーリー。

リアムはショーウインドウに上半身裸で立ったり、上半身裸で女性に服の案内をするようなちょっぴり妙なお店でアルバイトを見つけます。本意ではありませんでしたが、毎日車で寝泊まりする生活。なんとか仕事を見つけないといけなかったのですが、なかなか見つからず、ここしかなかった。
シーズン1ではおしゃれなバーで働いていましたが、あそこにはもう戻れないのかな。

で、リアムに気があるナントカっていう女の子はそんなリアムを心配して、母親に頼み込み、住み込みで働いてみないかと提案し、リアムはそれに乗ります。
その気があるナントカっていう女の子が裏でかんでいるとは知らずにね。
そう知ったリアムは出ていこうとするのですが、背中のある部分に痛々しい傷がありました。

チャーリーの肩あたりにも痛々しい傷が。
どうやら昔、何かあったようですが……。なんだろうね。



今週の新ビバリーヒルズはこんな感じです。

    22:58 | Comment:2 | Top
 
Comment
 
 
2011.12.15 Thu 16:36 アカクロ  #-
ぐふふふふふ

いいぞ
いいぞキャノン(゜∇゜)

そのまま堕ちてしまうがいい(笑)

あとはエイドリアナなんとかならんかいな
このままやともっと色々失いそう
友人とか
  [URL][Edit]
2011.12.15 Thu 21:26 いずき  #a9LSzAx2
>アカクロさん

こんばんは。
キャノン先生が監獄にブチこまれるのもそう遠くはないハズ……。
来週はどうやら新事実が発見されるらしい。

エイドリアナは、このまま行くと引き返せないところまでいってしまいそう。
友人も失うかもしれないし、自分の名誉も……。
ここまできたのはハビエルの曲をパクったおかげもあるでしょうが、自分自身の能力のおかげでもあるでしょうから、ちゃんと償ってから歌手に復帰してほしい。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。