あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

新ビバリーヒルズ青春白書2 19話「悩める人々」

最近、地上波でアメリカのテレビ・ドラマ『スーパーナチュラル』が放送され始めました。
これまで観たことなかったんですが、とても面白い。ブルーレイでまとめて観ちゃおうかなと思索中。
それで、一話にAC/DCの曲が使われていましたね。
カーステレオで『Back In Black』と『Highway To Hell』が。そういうところスゴク反応してしまいます。
映画『ファイナル・デッドブリッジ』のCMに『If You Want Blood (You've Got It)』が使われていたり……。
こういうのは嬉しくなっちゃいますよ。

で。
今週の新ビバリーヒルズです。
相変わらず皆さんの関係はギクシャクギクシャク。
新たな問題も勃発してしまいました。それも「まずい」なんてもんじゃあない。「激ヤバ」ってやつ。
この一話を一言で表すならば、「クソマヌケ・ディクソン」かな。



クソマヌケ・ディクソン


ディクソンくんはアニーの義兄。
自分を生んだ母親とちょっぴりだけ会って、その影響から賭け事にハマっています。
スポーツでテディらの同級生と賭けたり、ポーカーもやっているらしい。
テディはディクソンのギャンブル癖について心配しているようです。
今週ではディクソン主催のギャンブルで「激ヤバ」なトラブルが発生。

ディクソン主催のギャンブルにやってきたのはマーク。
マーク? これはまた懐かしいお名前です。
忘れちゃった人もいるかと思う、マークくん。
マークといえば、シーズン2の最初のほうに出てきた、ハンサムなツラをした人。
アルコール付きのパーティでナオミに濡れ衣を着せられ、パニックになり警察に通報したアニーは「チクリ屋」としてみんなからのけ者にされているところに近づいてきたのがマーク。
マークはアニーのヌード画像を携帯電話で撮影(しかし、セックスはしていない。アニーがヴァージンを捧げたのはジャスパーくん)。
そのことを知ったナオミはマークの携帯電話から無理矢理そのアニーのヌード画像を奪取、ハイスクール中に広めたワケです。
アニーはマークを避け続けていましたが、マークの「確かに俺は悪かった。でも本当に悪いのは画像を広めたナオミだろ?」という謝罪(?)と、アニーが付き合っていたジャスパーくんはアブナイ野郎だ、と忠告したのを受けます。アニーはマークと遊びにいきますが、そこで迫ってきたマークをアニーはかたくなに拒否しますが、マークはズンズンと迫ってくるクソ野獣。そこで助けにきたのがジャスパーくん。マークを追い払います。
ジャスパーくんはその後、マークの車をナイフで傷つけました。
あれがマークくんの姿をこの目で見た最後じゃった……。

この話で、そのマークが再登場。
マークはアニーのヌード画像を撮影したことにブチギレたディクソンに殴られています。
あの時の仕返しか? やんのかこら? お? やんのかこら?
しかしマークはギャンブルをするためにやってきた。
ディクソンは「巻き上げるのが楽しみ」とマークとポーカーをする。
嫌な予感しかしない。

マークはもの凄い大金を賭けます。6000ドルほど、こいつァ大金だ。金でディクソンを潰す気か?
が、ディクソンは手持ちがない。「ツケでいいか?」と提案。止めるナヴィドだが、ディクソンは手持ちカードに自信がある様子。
マークは承諾。「お前から巻き上げることができりゃあ、どんな形でも喜んで」と。
そしてカードご披露。ディクソンのカードは、フルハウス。「勝ったな!」と喜びます。
マークは「まいったな」と困っている。
そのまま続ける。「ちょっと待てよ、もしかして、クイーン4枚はフルハウスより強い?」
完全無欠のフォーカード。この役はフルハウスよりも強いのです。
ディクソン、呆然。
「俺、よくわかんないんだけど、どう? 強い?」と言いながら高笑い。
マークはとっても楽しそう。「金のことなら、明日中に払ってくれたらいいよ。そしたら野球部の連中に足を折られずにすむぞ」と脅しめいたセリフを。
うん、マーク、なんて嫌な奴。

さて、ディクソンはどうするのかね。
ディクソンとアイヴィーがディナー中にマークから電話がかかってきました。「やあ、ディクソンちゃん」
ディクソンちゃんはまるでお金のアテがない。
マークは「俺のちょっとした頼みを聞いてくれるのなら、金のことは忘れてやってもいいぞ」と切りだす。「俺のガール・フレンド、明日誕生日でさ。今夜中にロッカーを飾っといて、明日の朝に彼女をビックリさせたいんだ」
ようするに、学校に忍び込むには鍵が必要。ディクソンの親父さんは校長先生だから、鍵パクって、まぁ、そういうこと。

6000ドルと、学校の鍵。ディクソンが選択したのは、鍵のほうでした。
マークに鍵を渡し、妙なことをしないかついていくディクソンですが、
突然、覆面を被ったヒャッハーッ状態の連中が学校に入っていく。どういうことやねん、とディクソン。
「あー、彼女の誕生日は来月だった。勘違い、今夜は試験問題を盗む」とマーク。試験問題を盗み、売りさばく。それがマークたちの目的だった。
ディクソンはマークに「試験問題はここにはない!」と、ハリー校長先生、つまり親父さんから聞いた情報をマークに話し、止めます。
マークは諦めた。帰るディクソン。
諦めたけど、メンバーの一人が試験問題がないことにブチギレて、壁をペイントしたり、学校中を荒らしまくりました。
どうでもいいことですが、荒らし始めたのはジェイソンってバカ。顔は出てきませんが、試験問題で大金稼げるはずだった、それでジェイソンがキレた、その上、コイツはスタンフォード大学を狙っているのに、勉強がイマイチ、だから、ダブルてキレた。ダブルギレ。コーラとポテトといっしょにどうぞ。
このことをおもしろがっているマークですが、ディクソンは機嫌が悪い。

その後、ハリー校長先生に呼び出されるディクソン。
ハリー校長先生の顔は険しい。パソコンに映し出されたのは、どうやら学校の監視カメラの映像のようです。
無理矢理押し入った連中は覆面をかぶっていたので顔はわかりませんが、ディクソンはバッチリ映っていた。近頃の監視カメラは高性能なんだ、動きもなめらか、顔も鮮明に映る。
さあ大変、ハリー校長先生に問い詰められるディクソン。「どうして現場にいた?」
観念したディクソンはすべて打ち明ける。ギャンブルにハマっていたこと、鍵を盗んだこと、学校に不法侵入した連中の名前も。
ハリー校長先生は大いに失望。この罪は退学ものです。

日を置いて、ハリー校長先生はディクソンに「防犯カメラに不具合があって犯人は不明だった、と報告した」と嘘をついたと告げます。
親ですから、ディクソンの将来を考えると……いやしかし、これは日本で言うところの「公務員職権濫用罪」ではないのかな。
罰は罰として与えられ、外出禁止、車禁止、緊急時以外携帯も禁止、ゲームも禁止で決着がつきました。もちろん、このことは他言は無用。ハリー校長先生はディクソンに「がっかりしたよ。お前を買いかぶっていたようだ」と言っていましたが、視聴者の僕は、校長先生は公正な判断ができるものだと思っていましたけど……。
これ、バレたら辞職ものですよ……。大丈夫かなあ。

さて、ディクソンのバカっぷりが発揮されるのはここからです。
翌日学校でマークがディクソンに「よう、ディクソンちゃん。金持ってきたか?」とたかりに来ます。「とぼけんな、このままじゃあ大損だ。金も、試験問題も手に入らないんじゃ」
ディクソンは「学校に忍び込ませてやったろ。僕はちゃんと借りを返した」と主張。「感謝しろよな。退学になっていたところだ。僕たちが映っている防犯カメラの映像があって犯人はバレてる。でもパパは教育長に報告しなかった。だからこれでチャラだな」


何言ってんだコイツ……。


ディクソンは前々からちょっと抜けてて軽率なところがあると思っていましたが、これは……。
マークはそれを聞いて「そりゃ面白い」とニヤリと笑う。
「校長が息子をかばって証拠隠滅を図った。このネタはいつか役に立ちそうだ」と含みのあるセリフを残して立ち去りました。ディクソンちゃん、今さら後悔したような顔をしても遅いよ。
うーーーーーーん……。なんだかなー。

そういえば、マークがディクソンにギャンブル勝負を仕掛けてきたとき。
大金を堂々と賭けて、結果として勝ちましたが、アレは本当に純粋な幸運だったのかな。
どうもイカサマくさい。
まぁ、仮にイカサマであったとしてもそれを見抜けなかったディクソンが悪い……かな。
『ジョジョの奇妙な冒険』第三部のダービー(オービーでもバービーでもない)が「バレなきゃイカサマじゃあない」というようなことを言っていました。言い得て妙ですし、非常に哲学的だ。
それはいいとして、この先、ディクソンの未来はひどいことになりそう。
脅され、何をされても、されるがままか、すべてが暴露されてハリー校長先生クビの危機か……。



オラオラァ、ジェン様のお通りだァーッ!(ドカドカドカ


マークが再登場、そしてあのジェン様も再登場。
ジェン様は例のことがナオミにバレて以来御無沙汰でございました。

ジェンはに余裕ヅラをしてナオミの前に立つ。
どうやらオリビエとやり直すことにしたらしい。オリビエはとっても気前が良いらしく、好きなところに住んでいいよー金はいくらでもあげるよーってコト。
ジェン様、またビバリーヒルズに住む。戻ってきたのさ、ヤツ(ジェン)が。

ジェンのことを見限っていたナオミは信じられない、といった表情で立ち尽くす。
「やだ、私を追い払った気でいたの? そうだ、これは教えておいたほうがいいわね。私、あなたに少し怒っている。だって私に背を向けた。あれはちょっとどうかと思うわ」
もともと悪いのはジェン様のほうなのに、開き直っているところがまた悪女って感じがしていいね。あの時は目に涙をためていたっていうのに、マシューズ先生にも「私は過ちをおかした」とも言っていたというのに……。

ジェン様は続ける。「まぁ、知ってると思うけど、私は根に持つタイプなの。そうね、“カルマの女”とでも呼んで(僕、ここで吹き出す)。カルマって、怖いわよ」
カルマの女って……。もしこのドラマが『フルハウス』のようなシットコムだったら後ろで笑い声が入っているはず。
いやしかし、か、カルマの女……。グフッ

しかし、ジェン様ずいぶんと強気ですね。なんでかな。お金が入ったから?
来週の副題は「ジェンの逆襲」と、ジェン様が大活躍する予感が爆発。ジェン様、何をする気なんだ。

このドラマではジェン様にまともに対抗できる人間っていませんね。
ナオミは言われるがままだし、リアムもしばらくそうだった。ケリーは彼女の本性は知っているけど……。
ジャスパーくんくらいかな、対抗できるのは。でも再登場するかはわからないし、そもそもジェンと戦う理由もない。
さて……。



その他のビバリーヒルズ陣は?


今回、ジアとマシューズ先生は出番ナシ。
ナヴィドとライラはディクソン賭博の現場に居合わせただけ。
エイドリアナはちょくちょく見かけただけで、セリフもほとんどない。
アニーのひき逃げ事件は全然進展していない、そもそも触れられもしなかった。
かわりに、アニーはリアムといい感じ。
リアムはアニーのことが気になり、アニーもそうらしいけど、「あなたにはナオミがいる」と暗に距離を置く。
当のリアムはキャノン先生の件でのナオミの嘘に失望していた。

まだキャノン先生のセクハラ(もちろん、セクハラはナオミの嘘によるもの)がハイスクール中に広まっている。
そこでナオミはみんなの前で「あのことは全部私の嘘だった。先生は変態じゃあない」と演説。
というか、アレ? 前の話でナオミ、みんなから白い目で見られてなかった? アレ?

まぁいいや。
そんなこんなでキャノン先生の名誉は回復。
先生からナオミに感謝の言葉を伝えました。ナオミはまんざらでもない様子。
先生の人生を壊す寸前だったんだから、もう懲りたと思うので、次からは先のことを考えて行動してほしい。感情を優先して暴走しないよう願いたい。
でもナオミがいい子ちゃんになったら、それはそれで……。
まぁいいや。

リアムはこのことでナオミを許したけど、気持ちは冷めきっていることが表情から見て取れる。
破局しそう?

あとは。
テディとシルバーのカップルです。関係はギクシャク。
テディが親父さんにシルバーと付き合っていることを話していなかったことにシルバーはご立腹。
それも相当怒っている。静かな怒りってやつ。
破局しそう?

このドラマは長く続くカップルが存在しませんね。

今週の新ビバリーヒルズはこういうところです。
来週もたのしみ。

    14:24 | Comment:2 | Top
 
Comment
 
 
2011.10.11 Tue 13:12 アカクロ  #-
来週も楽しみだぜ


ふむ
シルバー活躍してくれシルバー
ナオミはお腹いっぱいなんでなんか別のとこにストーリーの発展が欲しいね☆
  [URL][Edit]
2011.10.12 Wed 21:40 いずき  #a9LSzAx2
>アカクロさん

こんばんは。
ナオミ関係はお腹いっぱいですか。
また何かやらかしてくれないかちょっぴりだけ期待しているところもあります。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。