あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ヘル・レイザー

cdefrgtyhuj.jpg


『ヘル・レイザー』のブルーレイを全部観終わったのでちょっとメモでも。
1の監督・脚本はクライヴ・バーカーさん(リヴァプール出身)。
ホラー作家としても有名ですね。

クライヴさんは血みどろグログロの残酷世界を創造するクリエイティブなお人。
と言ってはみますが、実は僕、クライヴさんの『血の本』シリーズもまともに読んだことないんです。
この事は誰にも内緒ですよ(誰に?)

それで。
今回買った『ヘル・レイザー』のブルーレイボックス。1~3まで収録されています。
DVDは持ってなかったからねぇ~。
DVDをすっ飛ばしてブルーレイで観られるなんて……。
血みどろ描写が超高画質で観られるなんて……。
燃え上がるほど嬉しいですが、あまり高画質ってほどでもなかった。
もともとのフィルムがアレなのか、ザラつきが目立ちましたね。

それはともかく。
残酷描写が割とスゴイので、18歳未満のお方は観ないことをおすすめ致します。
といってもまぁ、僕は18歳未満の頃にこの映画観たんですけdゲフンゲフンゲフン……。

んで。
僕がこの映画の何が好きかっていうと、それは魔道士(セノバイド)たちが魅力たっぷりだからです。
『ベルセルク』のゴッドハンドの元にもなった魔道士たち。
この魔道士たちは、究極の快楽を得ることができるというパズルボックスというブツを組み替えることで現れるまっこと奇怪な化け物です。こいつらの姿格好が最高にイカしているんです。
やっぱり、一番のお気に入りは顔中にピンを打ち込まれているピンヘッド様!
悠然とした佇まい、すました顔つき、潤んだ黒目、溢れ出す圧倒的な存在感、とてつもなく素晴らしい。
まぁ観てくださいって、きっとピンヘッド様の魅力にハートドキュン、胸ズシンになりますから。

で。
1~3作までの感想を短くまとめておきますかね。



『ヘル・レイザー』
1作目。監督はクライヴ・バーカー。
ピンヘッド様のキャラクターが立ちすぎて主役が霞んで見える。
これはピンヘッド様をありがたく拝む映画である。


『ヘル・レイザー2』
クライヴさんは製作総指揮にうつる。
ここでピンヘッド様の秘密が少し明らかとなる。
永久に続く迷路のような地獄のデザインが良い。
医者の変身後がこわい。


『ヘル・レイザー3』
個人的には不満なこの作品。
ピンヘッド様がただの殺人鬼モンスターになっちゃった。
あの威厳のあるピンヘッド様はどこに……。
それでも、新登場したセノバイドどものデザインがユニークで楽しい。



こんなところです。
この後もシリーズは続くのですが、4では宇宙にまで風呂敷を広げてしまう。
以降、迷走。
ワールド・オブ・ナントカってのは割とお気に入りです。

    17:26 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。