あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

新ビバリーヒルズ青春白書2 11話「鷲(わし)は舞い降りた」

実家に帰っていてブログ書けませんでした。
遅ればせながら、新ビバリーヒルズの感想です。



悪女ならずっと悪女らしくいろッ! それがお前だッ!


ビバリーヒルズ悪女界の頂点に立つジェン様。
ナオミとアニーの、そしてナオミとリアムの確執の根本の原因を作ったお人。

今回、ジェンがやったことを暴く素敵なアイデアをアイヴィーが思いつく。
そもそもリアムがジェンの「ナオミがあなたと私が寝ただなんて信じないねんな」という言葉を録音したデータをいっときの自暴自棄な気持ちで消しちゃったことがなければ……。
しかし、過去を悔やんでばかりじゃあいられない。夢見る少女じゃあいられない。

ともかく、リアムたちは友人たちの力を借りてジェンに勝負を仕掛けます。
詳しいやり方を説明するのはちょっぴり面倒ですが、大体こんな感じです。

リアム「あー、ジェンの告白を録音したデータ修復できたわー。バッチリだわー」
という友人連中との会話をわざとジェンの後ろでする(もちろん、ジェンには気づいていないフリ)。

ジェン(マジヤヴェエわー)

リアム「行け、マトン・パード! そうだ! よっし!」

ジェン「ちょっと携帯借りますねー」
リアム「お?」
ジェン「話し合おうや」
リアム「おぉ」

ジェン「録音のコピーがあるのか、それともないのか。こうすれば分かるわね」

携帯踏みつぶす。

ジェン「分かった、ないのね」

リアム「必ずナオミに真実を知らせるねんな。お主があの夜ウソをついておいどんが彼女を裏切ってお主と寝るよう仕向けたことを」
ジェン「いっぱい男と寝たけどあんたが一番退屈だったねんな」

この会話、ミスター謎の崇拝者が用意した部屋でくつろいでいたナオミに聞かれる。

ジェン「!?」

おわり。


というのがおおまかな流れです。
ようやくジェンの悪事がナオミに知られることとなりました。
しかし、ジェンなら開き直ってアハハすると思っていましたけど、
目に涙ウルウルためてナイーヴ状態。これは意外でした。

付き合っているマシューズ先生に問い詰められて「私はひどいことをした」と反省しているっぽかったけど、
本当にすまないという気持ちで……胸がいっぱいなら……!
どこであれ土下座ができる……!
たとえそれが……
肉焦がし…… 骨焼く……
鉄板の上でもっ…………!



ドラッグ、やめました


ドラッグで人生もういいや状態のエイドリアナでしたが、その間にシルバーのママンが亡くなったり、ナヴィドが階段から落ちて入院していることを知ったことにより、ドラッグから離れようとしていました。
関係ないけど、着替えていたエイドリアナが美しかった。



ギッチギチの兄妹関係、ようやく修復ッ!


ディクソンの一方的勘違いから険悪だった、ディクソン・アニーのウィルソン兄妹。
リアムと寝たのがアニーではなく、ジェンだということがわかったディクソンはこれまでのことを反省します。
ディクソンはアニーに素直に謝り、仲直り。

次回の予告でも、ナオミがアニーに和解を持ちかけるシーンがありました。
が、ナオミは以前、アニーのヌード画像をハイスクール中にバラまいて、アニー孤立の要因をつくったのです。
そう簡単に許せるものかな。さてさて……。

    19:51 | Comment:2 | Top
 
Comment
 
 
2011.08.24 Wed 16:50 アカクロ  #-
ここで鋼の心アニーがあっさり寛大に許したらアニーまじすげーよアニー
  [URL][Edit]
2011.08.24 Wed 20:52 いずき  #a9LSzAx2
>アカクロさん

さてさて、どうでしょう……。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。