あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

AC/DC 偉大なる……

こんにちは、ゴールデンウィークですね。
なかには恋人とデートに行ってアヒャホヒャする人もいるでしょうが、僕は部屋暮らしです。
もちろんひとりです、ゴールデンウィークたのすィ~。

ひとりで映画を観に行ってもいいんですが、お金を違うところに放出しまったんで、そんなお金は存在せぬ。
てなわけでジリ貧孤独にのんびりしますよ、本当にゴールデンウィークたのすィ~ウヒャッヒャッヒャッヒャッ。

さておき。
AC/DCの『Live at River Plate』の発売日が近くなってきましたね。うきっうきっしちゃいます。
部屋にいるときも、外に出てウォークマンで聴くときも、AC/DCばっかり聴いていますよ。
『Let There Be Rock』と『Powerage』の再生率が高いです、ボン・スコットだいすき!
あの「かすれ声」というか「便器に座ってきばっているような声」というか、たまりませんね。

僕はボン・スコットが歌ったアルバムのほうが好みのが多いんですけど、これはブライアン・ジョンソンのヴォーカルが云々というより、ただ単に「ボン・スコットが在籍していたAC/DCのよく聴くアルバムが多い」ってなだけ。
ボン・スコットのハスキー・ボイスも、ブライアン・ジョンソンの搾り出すような金切り声も甲乙つけ難いものです。

あとちょっと蛇足だけど。
よくAC/DCは「長年サウンドが変わらないバンド」や「偉大なるマンネリズム」と表現されることが多い。
たしかに「ロックンロール」をするという点は揺ぎ無いけれど、それぞれのアルバムを聴いてみると微妙に変わっている。これはブライアン・ジョンソンも言及していることでもある。
『Fly On The Wall』などはLAメタルっぽいし、ブライアン・ジョンソン在籍のAC/DCの楽曲をボン・スコットが歌ったら、と考えると何かが違う、と考えてしまう。

いや、これは別にAC/DCに対する批判とかじゃあなくて、「変わらないサウンドだよな~」といった言葉には疑問を抱くってことを言いたい。
四半世紀も続いているバンドですから、そりゃあ微妙な変化はあると思います。
AC/DCがすごいのは、バンドの基本的な音楽性である「核」がドッシリと構えていて、微妙な変化があったとしても、その「核」が揺らいだり変質することはないというコト。そういった力強い姿勢が長い間ファンの心をとらえているし、唯一無二の圧倒的な個性を持たせているのだと思う。
アルバムセールスが低迷した時期があろうが、ライヴ動員数は増え続ける一方だという異常現象の理由も、そこに一つあるのかもしれませんね。

桁外れに素晴らしいバンドのことを、今さら僕が理屈をこねて言うことではないんですけど、ロックンロールの正しい姿はAC/DCにあるのだと改めて思う。

では、みなさん、良い連休をお過ごしください。

    13:04 | Comment:4 | Top
 
Comment
 
 
2011.05.03 Tue 17:05 マスター  #-
たしかに、ボン・スコットのムチャクチャさはロックだ・・・
英語は「ファッ○」と「カ○ト」しか喋れなかったとか・・
  [URL][Edit]
2011.05.03 Tue 18:38 いずき  #0TN6pzxw
>マスターさん

こんばんは、いま自分の文章を読み直してみると文脈がおかしいことに気づく。

ボン・スコットの破天荒さはステージの上だけじゃあないってのがすばらしいですね。
そのせいで例の悲劇を招いたってのもありますけど。

>英語は「ファッ○」と「カ○ト」しか喋れなかったとか・・

これは初耳です。
  [URL][Edit]
2011.05.07 Sat 16:26 naokichiman  #-
うん、上手い分析だと思いますよ。
大体、AC/DCのファンでもボン派とかブライアン派とかって
分けちまうようなところもあったりするんだけど、
僕も両方好きですよ。

ブライアン期の曲はボンには歌えないかもしれないですね。
ボーカルがブライアンに変わった事で曲の音域が拡がったなんて
アンガスかな?のコメントもあったように思います。

ボンについては色んな説がありますね。
元々、ローディだったとか、意外とシャイで極めて普通だったとか。
どれが本当何でしょうね?
まぁアンガスやマルコムの語っている事が本当の事なんだろうけど....
  [URL][Edit]
2011.05.10 Tue 18:49 いずき  #0TN6pzxw
>naokichimanさん

こんばんは! こんばんはこんばんはこんばんは!

ボン・スコットはデイヴ・エヴァンスがいた頃にAC/DCを送り迎えするバスの運転手だったというのは聞いたことありますね。
アンガスのインタビューを読むとボンは割と大暴れ野郎だったらしいですけど……どうなんでしょう。表面上はめちゃくちゃでも内面はナイーヴだったりしますから。

ボンもブライアンも好きですね、それぞれいいところあって。

さっきまで聴いていて思ったのが、『That's The Way I Wanna Rock N Roll』なんかはボン・スコットが歌ってそうなAC/DCナンバーだなあ、なんて。


>ボーカルがブライアンに変わった事で曲の音域が拡がったなんて

わかる気がする(笑
ブライアンの声に合うように曲をつくっているの……かも?
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。