あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ベルセルク、ときどきアンダー・ザ・ドーム

こんばんは、静かな生活が好きないずきです。
でもAC/DCは大好きです。

えーと、それで。


『ベルセルク』連載再開イイイ~~~ッ!!! 


そう、ベルセルク。休載続きのベルセルクです。
ようやく連載再開ですよ。喜んじゃいます。やったー!!!

大学の講義が終わったら書店に大喜びで突撃。
ヤングアニマルをこの手に、そしてアダム=トロイ・カストロの『シリンダー世界111』をも巻き添えにしてレッツ・購入。
今回のヤングアニマルは『ベルセルク』のコミックス未収録3話分の別冊がついてきております。嬉しいね。

それで、読んだわけだけど。
相変わらずかきこみすごい。余白がまったくない、ビッシリ描き込まれています。
確かにそれはすごい……すごいんだけど、肝心の漫画にどうも高揚感がない気がします。
断罪編やロスト・チルドレンのようなドラマが希薄だからでしょうかね? それとも僕の感性の問題か……。
いやいやまだわからない、先に期待しましょう。

あと、ウラケン先生の巻末コメントが胸に来ましたね。

「世紀末は物語の中でだけでいい。」

って。
おそらく例のあの災害のことを指しているんでしょう。
僕も頑張ろう。



よし。それで、今日はもうひとつ。
こんなんが届きました。


272477807.jpg


ええ、実はこれ4月28日に発売される、スティーヴン・キングの『アンダー・ザ・ドーム』のゲラなんです。
いやー、これが届いたとわかった瞬間、配達員のオジサンの前でニヤニヤしちゃいましたよ。
そんなわけで、キングファンのみなさんには悪いんだけど、お先に読ませていただきますね。ウェッヘッヘッヘッ。

こう思われている方もいるでしょう、なぜ単なる一般人のキサマが『アンダー・ザ・ドーム』のゲラをゲットしてるねん、と。
それは、『アンダー・ザ・ドーム』の編集の担当者(でいいのかな?)である@Schunagさんが、自身のツイートで


書評媒体をお持ちの方でスティーヴン・キング『アンダー・ザ・ドーム』(4月下旬発売)のゲラを読んでみたい、という方っていらっしゃいましょうか。いらっしゃったらDMか@つきのツイートをいただきたく。


さっきの『アンダー・ザ・ドーム』ゲラの件、大事なことなので追記。「ゲラ読んだら絶対に何か書け」と言うつもりはありません。気に入ってくれたら、というのが基本だと思っていますので。書評子は選球眼ふくめて、自分の名前で勝負/商売をしているので、本選びは書評子の領分です。


そうだブログで本の紹介をなさってる方もいるじゃん!と思い至った。なんたる紙媒体脳。こんなだから見ず知らずのひとに「未来見てない?!」とか馬鹿にされるんだよ俺。(こちらの二つめの発言参照: http://togetter.com/li/37149 )


ブログをお持ちのかたでスティーヴン・キング新作『アンダー・ザ・ドーム』読んでみたい!という方もDMなどで名乗りを挙げていただければ。嵩が巨大なので刷るのに時間がかかるため(←誇張でないのです)先着10名ということで。


と募集をかけて、僕が先着10名の中にギリギリチョップで滑り込めたというわけです。
なんという幸運。今年の僕は最高にツいているぞ!

さて読みますかね。

    21:20 | Comment:2 | Top
 
Comment
 
 
2011.04.10 Sun 01:10 マスター  #-
いずきさんの評で、確実に僕の購買が左右されるのでヨロシク!!
  [URL][Edit]
2011.04.10 Sun 01:58 いずき  #0TN6pzxw
>マスターさん

こんばんは、さっきまでゲラ読んでいました。

キングですから、絶対おすすめです。……というのは妄信的すぎるか。
しかし外れがないんですよね、キングは。

『アンダー・ザ・ドーム』はまだ序盤も序盤ですが、オープニングからぞくぞくきました。
キング作品のなかでもあのオープニングはベストじゃあないかと思います。

いやーしかし発売前に読めて本当にいいのかしら、と嬉しい背徳感(?)でいっぱいです。
だ、誰かに自慢したい……。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。