あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

我が音楽世界

中学生の頃ねぇ、「音楽大好きっ!」という友人T君がいまして。
音楽好きと言っても有名どころの海外のロックバンドや日本のインディーズが好きな人でしたね。
僕はというと日本のポップソングくらいしか知らなかったから、そのT君にいろいろCDを貸してもらってました。
まぁ、貸してもらう、というより「強制的にススめられた」と言ったほうが正解でしょうか。
「これは聴いたほうがいい」「これは絶対聴け」みたいな、頼まれてもいないのに頻繁にCDを渡されていましたね。T君は僕に自身の個人的音楽観を啓蒙しようとしていたのかな?
んで、僕は特に嫌悪感や拒絶感はなく、「あータダで音楽聴けるからいいな、テープ(MDだったっけ?)に録音すれば自分のものになるし」とそれなりにその関係を楽しんでいました。
しかし高校に入るとT君が教えてくれた音楽のほとんどは記憶の片隅に追いやられてしまった。
ときどきそのことを思い出して不思議になる。

まぁ、そういうことがあって。
好きな音楽を人にススめる場合は相手のバックグラウンドを考慮する必要がありますよね。
相手を自分の大好きな音楽の世界に引き込もうとすると、実に嫌らしい心理が働いて、相手からすると「び、微妙~」という反応をされてしまいます。
T君が僕への啓蒙作戦が失敗したのはそれが原因かもしれない。「これはイイから黙って聴け、文句言ったら横ヅラ張り飛ばすから」とか圧すようにCD貸しちゃうと、まず好きにならない。
いや、T君はそんなこと言ってないんだけどね。
音楽っていうのは自分の中に受け入れる下地が準備できていないと好きになれないものです。

さっき書いたように、「相手のバックグラウンドを考慮する必要がある」。
日本のポップソング大好きな人にキング・クリムゾン貸して、すんなり好きになるわけないでしょ?

74f3f0f9e7a0725477678110.jpg 86f8c060ada021c9285f2210.jpg 620c793509a0db657fde1110.jpg

相手が好むであろうエッセンスをよく吟味してピックアップしなければなりません。

何でこんな話をするかというと、えーと、実は僕にその機会がきまして。
大学のゼミのほうで、僕が「ロックンロール好き」というのを知っている人が何かCD貸してよ、と言うのです。
僕はかなり困ってます。
その人はYUKIというシンガーソングライターが好きなんだって。
ソンガーシングライター?(懐かしいね)

どうしようかね、YUKIはかわいらしい曲を歌っているようだけど。
よくわかんないから、キング・クリムゾンでも貸してみようかな。

    23:40 | Comment:6 | Top
 
Comment
 
 
2010.09.22 Wed 00:52 naokichiman  #-
あぁ、分かります。すごく。

Superflyがすごく好きだっていうんで、ジャニスやらシェリルやらストーンズやらを
聴かせたんだけどピンとこないってさ。おまえはSuperflyのなにが好きなんかと....
J-POP好きなひとがみんなそうだとは言わないけど、結局ヒットチャートのおっかけなんかな。
それが悪いとは言わないし、まぁ強制するつもりはなかったんだけどね、
なんとなくもどかしいというか。

>よくわかんないから、キング・クリムゾンでも貸してみようかな。

ぜってぇヤバいって(笑)。
No title  [URL][Edit]
2010.09.22 Wed 01:13 いずき  #0TN6pzxw
>naokichimanさん

こんばんは、寝るタイミングを見事に逃したいずきです。

Superflyですか、この人がリスペクトするアーティストはジャニス、シェリル、ミック・ジャガー……まさにnaokichimanさんがすすめたアーティストですね。
Superflyがどのようなアーティストかは全く知らないですけれども、音楽性の元をたどるって結構大切なことだとは思います。

>J-POP好きなひとがみんなそうだとは言わないけど、結局ヒットチャートのおっかけなんかな。

あー。
僕は、ロック聴き始めの頃は雑誌の名盤100とかから学んで、世間一般的に「名盤」と呼ばれるものはあまり気に入ってなくても「好きなフリ」をしていた時期もありますから、そんなにバカにできないんですよね……。
ヒットチャートの追っかけでも自分の感性に合った音楽に出逢えばいいと思います。
ただ単にエネルギー使いたくないからヒットチャート、友だちみんな聴いているだろうからヒットチャート、というのはどうなんでしょうね。
こういう傾向が良いことなのか、悪いことなのかはわかりません。音楽というのは趣味であるのだから、細かいことを気にせずにいられるのは、それでいいのかもしれない。
好きな音楽を聴いていれば良いのです。ちょっぴり釈然としない部分はありますけど。

>ぜってぇヤバいって(笑)。

ヤバいっすかねぇ。
ネットでパパッと調べた限りですと、YUKIが尊敬するアーティストと僕が聴いているアーティストと全く一致しないから悩んでいます。ひとつでも一致してたら迷うことなくそれをすすめるんですけどね。

よぉーし、じゃあアルバート・キングでも。
……ダメか
No title  [URL][Edit]
2010.09.23 Thu 02:09 マスター  #-
こんばんは。

僕の場合、勧めてくれた人間が自分より上位だと思うと、自分を相手に合わそうと無理に聴いてて好きになったのがピンクフロイド。
この場合、僕が相手に好意をもってたので、僕のバックグラウンドは関係ないっす・・

キンクリ貸して、相手が「いいね」って言ったら、相手が男、女関係なく、いずきさんに好意を持ってるのは絶対でしょう・・・
No title  [URL][Edit]
2010.09.23 Thu 17:43 いずき  #0TN6pzxw
>マスターさん

どうも。

マスターさんのピンク・フロイド好きの背景にはそういうエピソードがあったんですか。
そういう尊敬できる先輩(?)との関係はうらやましいですね。
何かワイルドな音楽に理解がある知り合いがほしい。

>キンクリ貸して、相手が「いいね」って言ったら、相手が男、女関係なく、いずきさんに好意を持ってるのは絶対でしょう・・・

こう言われるといろいろ不安になってきますね。
「好意」て。あわわわ

結局キャロル・キング貸しました。さてどうかな。
No title  [URL][Edit]
2010.09.24 Fri 19:47 ポツリヌス高石  #-
ロックといえばプレスリーか初期のクイーンでいいんじゃあない?



ピンク・フロイトもキングクリムゾンも1950年代に出てたら埋もれてたんじゃあないですか。

バッハ先生みたいに再評価されてたとは思いますが。リアルタイムで売れることは無かったと思います。


芸術は食傷と突然変異だからプログレやスラッシュメタルみたいな通常のジャンルに飽きた人用の音楽を急に聴いても理解出来ないですね。
通常、楽器の音を聞き慣れてないからインスト曲がヒットすることが無いんだと思います。

Greeeeeen!Greeeeeen!Greeeeeen
  [URL][Edit]
2010.09.24 Fri 23:15 いずき  #0TN6pzxw
>ポツリヌス高石さん

こんばんは。
誰かはだいたい予想がつきます。

>ロックといえばプレスリーか初期のクイーンでいいんじゃあない?

それも考えたんですけどね。
クイーンかボン・ジョヴィかって迷ってました。んで結局はキャロル・キングと。
プレスリーはどうでしょう、「ひゃあクール!! クール!!」となるかね。うーん。

>ピンク・フロイトもキングクリムゾンも1950年代に出てたら埋もれてたんじゃあないですか。

1950年代ですか。こりゃまた。
もしこの年代に出ていたら、レコーディング技術の向上に一役買っていたと思いますよ。
まぁ、まずリアルタイムでは評価されないでしょうね。「お、こいつら頭イっちゃってんな。病院行け、病院」と言われるだけでしょう、多分……

>芸術は食傷と突然変異だからプログレやスラッシュメタルみたいな通常のジャンルに飽きた人用の音楽を急に聴いても理解出来ないですね。

まさにその通りで、「ちょっと奥に行ってみよっかな~」といった人が気に入る領域です。
普段キャッチーなメロディを聴き慣れている人が「とぅえんてぃせんちゅりーすきっつぉいどめーーーん♪」とか聴いたらどんな反応するんでしょう。
捨て身覚悟で反応見てみたいような……
No title  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。