あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ホラー映画の邦題

邦題って大事です。

いきなり何だよって話ですが、今回はホラー映画の邦題について。
海外の作品が日本に輸入されて来た場合、映画配給会社が日本独自の題名をつけます。多種多様で、原題をカタカナ表記にしたものや、気の利いたアレンジをしたものもあり、
スタローンの『ランボー』は原題は『First Blood』なのですけど、邦題が好評だったため続編から原題が『ランボー(RAMBO)』となった珍しいケースもあります。


   そして一番厄介なのは原題と全く関係のない邦題の場合。


ホラー映画ではそんな邦題の被害者は多い。
理由はわからないけど、『悪魔の~』『死霊の~』『恐怖の~』とシリーズのように似た邦題をつけて売りに出していました。
あの『悪魔のいけにえ』の原題は『The Texas Chain Saw Massacre』で、直訳すると『テキサス・チェーンソー大虐殺』ですので、全く原型を留めていません。


悪魔の追跡』『悪魔の墓場』『悪魔のはらわた』『悪魔の沼』『悪魔の調教師』『悪魔のえじき』『悪魔の赤ちゃん』『悪魔のかつら屋』『悪魔の毒々モンスター』。


『死霊のはらわた』に凄く客が入ったから、ロメロ監督の三部作の三作目に『死霊のえじき』にしてしまったりと。
逆にカルト臭がプンプンして良いかもしれませんけど……。
こうも製作側の意思を無視し、原題を隅に追いやって勝手にワケわからん邦題をつける、そこら辺の営業感覚がですね……。

映画配給会社ってこわいよね。

 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://iski.blog55.fc2.com/tb.php/285-7f14beb0
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。