あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

フリーゲーマーから愛をこめて

「一押しのフリーゲーム」
いずきのおすすめするベスト・オブ・フリーゲーム(順番なし)


1.「ハーバーランドでつかまえて」

   フリーノベルゲームの古典的な名作です。
   関西弁が大嫌いな関東人の主人公「沢村亮人」が神戸に転勤し、
   神戸ハーバーランドで儚げな一人の少女に出会う純愛ノベルゲームです。
   作者のJAMさんが神戸出身らしく、作品に神戸への愛情と郷愁があふれています。
   ほこほこと暖かい気分になる作品ですので未プレイの方は是非やってみてください。

 ダウンロード

 「JAM工房」さんHP跡地

 Webアーカイブによる「JAM工房」さん
 
jam.jpg




2.「1999ChristmasEve」

   圧倒的なボリュームで迫る恐怖サウンドノベル。
   恐怖感は凄まじく、他の追随を許さないほど。
   恐怖ノベルの金字塔であるのは間違いではないが、難易度はとても高いです。
   分岐の多さは半端なく、僕は最近ようやく七割方埋まったところです。
   「かまいたちの夜」に触発された人たちが集まって作った作品らしいんですが、
   ボリュームでは完全に上回っていますね……。凄い。

 ダウンロード



3.「洞窟物語」

   広大な洞窟を探検する、横視点の2Dアクションゲーム。
   そのクオリティは市販商品レベル。
   適度な難易度で簡単とは言わないが「もうやめた!バーカ!」にはなりません。
   攻略の仕方によってエンディングも変わってくるので、
   ゆっくりと時間をかけてすべてのエンディングを見てほしい。

 ダウンロード



4.「Erinyes」

   廃墟の島を舞台にした、ドラマチックな謎解き型アドベンチャーゲームです。
   物語を進めるにつれ島に隠された謎が徐々に明らかになっていく。
   プレイヤーの選択によってエンディングも変わっていきます。
   難しいけどやりがいのあるゲームですね。
   ミステリー好きにオススメです。

 ダウンロード



5.「ゆめにっき」

   とても暗い雰囲気の、夢の中の世界を彷徨い続ける放浪系アドベンチャー。
   広大で目印の見えない無軌道なフィールド、常軌を逸した世界観、
   理解不能の展開に、存在するのかどうかもわからないストーリー。
   そもそもこのゲームは、本当にゲームなのだろうか……?

   異常な背景は視覚に、不気味な音楽は聴覚に、えぐり込むような恐怖を植え付ける。
   その世界にのめりこみ、共鳴し、理解したとき……
   それが真のエンディングなのだろう。

 ダウンロード

 「kikiyamaHP」さんHP



 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://iski.blog55.fc2.com/tb.php/155-1e82ae3f
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。