FC2ブログ
 
あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

コミュニケーション・ブレイクダウン

スティーヴン・キングの小説『11/22/63』に、「節穴を覗くなかれと云う格言があるが、インターネットとは最大の節穴ではないだろうか」(記憶の為、うろ覚え)といった風の記述があった。
インターネットとは便利であるが、同時に人を不快にさせたり、傷つけたりする場合も少なくは無い。
ふとニュースのコメントなどを見ると、あまりに安易な言葉の刃が飛び交っていることだってある。
掲示板やTwitterの議論の場だって、無政府状態のイラクのような(実際見たわけじゃないけど)無秩序さを呈しているのも見かける。
インターネットはあらゆる意見や立場を発信できる、自由な言論空間です。
どこぞの国のように、政府が管理体制を敷いて、弾圧することは無い。
良い面も悪い面も備えているのが、インターネットの良いところだ。
だから、インターネットとどう向き合い使用するかが大事であるのだけど、とにかく節穴を覗かないことが健康的にも一番だと思っています。

節穴……SNSはその最たるもので、多くのトラブルの元凶です。
LINEなるコミュニケーション・ツールは、確かに便利であるし、手軽である。
近頃はグループを作って友人同士のやり取りをしているようだが、僕は思うのだけど、それって一度こじれたら、かなりややこしいことにならない?
誰々をグループに入れなかったりだとか、そういったトラブルもあるようだし。
既読スルーというのですか? LINEには「既読」なるシステムがあって、例えば、Aという人がBという人にメッセージを送ったとしよう。
従来のメールは、Bが実際にメッセージを読んだか否かはわからないが、LINEではわかる。Bが読むと「既読」のマークがつくのである。
これはなかなか鬱陶しい。「既読」マークをつけちゃうと、早く返信しなきゃ! ってなるじゃん。
で、あるから、既読して返さないことを既読スルーと呼び、そこからトラブルのである。
メールだと、返すことに難があったら、「ごめん、用事があって」と言い訳を用意することができるというのに。
驚くのが、子供や若者だけではなくって、主婦間(ママ友?)でも、LINEを使っているらしい。
だからママ友間でもLINEが元となるいじめが存在するのである。確か、自殺まで追い詰められたこともあるらしい。
時代は変わり行くものだ。便利であればあるほど、手軽であればあるほど、使うのは、これは必然的である。

僕はLINEが悪だと言っているのではなくって、使い方によっては、取り返しの付かない状態に陥ることもあるということです。
ナイフは梱包をといたり、果物を切ったりできて便利だけど、使い方によっては人を傷つけることがあるように。
僕は、一度LINEを退会したけど、どうしても連絡の為に登録せざるを得なくなったため、また登録し直しました。
TwitterとFacebookも登録はしてはいるけれども、できるだけ距離を保とうとしている。
だって、そこには多くの節穴があるから……。
それにそこまでしてコミュニケートするべきこともあるわけでは無い。
節穴を覗きまくって、問題を抱えたり、苛々することはまっぴらごめんというのが僕の考えです。

僕はもっとベーシックなところで人と繋がっていたい。
わざわざ郵便局まで出向いて手紙を出したり、喫茶店などで待ち合わせをして……。
コミュニケーション・ツールは便利な副次的なものとして。それが理想です。

    07:31 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。