あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

はじめてのSHM-CD ~GUNS N' ROSES~

ガンズ・アンド・ローゼズのチャイニーズ・デモクラシー。
発売日に購入(初回特典でポスターもGET)し、この五日間何度も繰り返して聴いていたんだけど、いいよね、コレ。

この路線で行くとは思いませんでした。
メタリカの新譜「デス・マグネティック」は原点復帰を謳って売れたけど全然違うことやって良い評価を貰うというほうが難しいですよね。
最終的にはチャイニーズ・デモクラシーがどんな評価で落ち着くのかはわからないけど、安易な道を選ばなかったのがアクセルらしく思います。

そんで何を血迷ったのか、このチャイデモの「SHM-CD」版を買って来ました(短期バイトで貰った給与の残金がヤバイ)。SHM-CDを購入するのは初体験です。
SHM-CDというのはですねぇ、スーパー・ハイ・マテリアルCDの略称でして、どんなかと言うと……。
あ、ちょっとその「SHM-CD」についてのヨタ話でも。

僕がSHM-CDという固有名詞を意識し始めたのは、特に興味なかった北京五輪が終わってちょっと気怠い時期でした。
それは、突如やって来た。それは「レッド・ツェッペリン」のオリジナル・アルバムの全紙ジャケ化&SHM-CD化!!! 

っつー話。
何だか限定版っぽいから一応買っておいたほうがいいかなとは思いました。
まぁ、でも、正直お金もないし、ツェッペリンのアルバムは全て網羅してありますし、紙ジャケというモノも肌には合わないと感じてましたけど、「レッド・ツェッペリンⅢ」のクルクルジャケの再現にはちょっと心が揺らぎましたが、買わずにスルーしました。

買わないのはいいとして、「SHM-CD」って一体なんやねん、と。
「あの名盤がSHM-CD化!」って雑誌で見かけたコトはあるけど通常とはどう違うの? という疑問が湧いて来たので、調べてみました。

SHM-CDとは、
ユニバーサルミュージックと日本ビクターの共同開発されたCDのコト。
従来のCD素材とは別種のポリカーボネート樹脂を使用し、より透明性を向上させ、高音質になった(らしい)。
どうも嘘臭い。うさんくさい。
レコード会社のこのような商法には騙されない。
絶対にSHM-CD仕様のCDは一枚も買わないぞ、と決心。

……したんだけど、「チャイニーズ・デモクラシー」のSHM-CD版買っちゃったんだよね。
衝動買いした部分もあるけどSHM-CDという道の世界に入りたかったし通常版との聴き比べもしたかった。
それでディスクを安物のマイ・オーディオにSET!!!!!!!!


……。


…………。


…………………。



………………………。



わー、ベースの音がクリアになってるぅ~~~~。



気がする。



結論:うん、よくわからん。



 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://iski.blog55.fc2.com/tb.php/11-f31f0389
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。