あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

哀愁のマスオさん

日本にはたくさんのホームドラマ系統のアニメがあるけれど、そういった中で、僕が観ていてつらいのが『サザエさん』です。
なぜかっつーと、あれねえ、マスオさんの立ち位置がですね……。
心中察するに、いろいろと無理をなさっている気がする。

あの人は御新造さんの実家で暮らしているわけでして、そりゃまあいろいろと気を使いまくりでしょうよ。波平の野郎とかに。
誘われりゃ飲みに行ったり、碁を囲んだりして。
とびきりの笑顔で「いいですね、お義父さん」とかいつも言っていますけど、マスオさんだって人類ですから気が向かない時だってあるでしょうよ。
(仕方が無い……できるだけ早く切り上げるようにしよう)とか思っているやもしれない。
自分の時間がほしい場合だってあろうさ。でも義理の親父の頼み(実質的命令?)だから断るに断れない状況ってやつさ。
毎日顔を突き合わせていたら、うんざりすることだってあろうよ。
例えばですよ、もともと波平の野郎とは別々に暮らしていて、お盆休みなどにたまに顔を合わせるくらいならちょうど良いと思うよ。

「マスオくん、どうだね、久方振りにちょいと一手お願いできないかね」
「いいですね、お義父さん。ご指南ください」

ってなもんですよ。
これだとみんな幸せじゃないか。

んでもってあの素っ頓狂な「エェーッ」ですよ。あの「エェーッ」は明らかに自らを道化に見せている演技ですよ。
いわゆる受け流しってやつ。ささやかな日常を、家族団らんを守らんがためにね。僕にはわかる。
家庭でも自分を殺すマスオさんを見ていると、男の哀愁を感じるのです。
なんだか泣けてきた。

    01:53 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。