あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

会話が苦手な僕は

僕はハッキリ言うと、人と話すのが苦手である。冗談抜きで苦手である。
気の置けない間柄の友人は一人もこの世に存在しないので、大抵は気を多大に使用して話している。
話しているのだけれども、いまいち日常的な会話も、他愛無い世間話も、「上手くいったな、百点だ」と満足いく出来栄えだったことは一度たりとも無い。

もしやするとあるやもしれない。
だけど人との会話を終えて暫くすると、ふと会話内容を思い出し、「ああ、あの人はこういうことを言いたかったんだな、こういう返しをしておけば良かったな」と僅かなりの後悔が心に濁る。
いつまでも後悔をずるずる引きずっているのではなく、次への学びとして消化できれば良いのだけど、僕は会話についてはそうではないようで、毎度毎度同じ失敗をする。
上手く返せない、上手く相手の意図している会話内容を汲み取れない。これは致命的である。
『人生の特等席』という映画にストレートはバッチリ打てるけど、カーブにはてんで対応駄目なバッターが登場していましたが、僕が会話の打席に立つとストレートもカーブも駄目で、よしんばバットに当たったとしてもピッチャーゴロが関の山なのである。
これでは会話のバッターとしては戦力外通告である。困ったもんだ。
僕にもさまざまな悩みの種が存在するが、長年連れ添ってきたのは「会話が上手くできない」ことであるから、これはいわば生涯の伴侶としてこれまでも、これからも一蓮托生の相手として受け入れていくしかないのかもしれない。

しかし会話が上手い人とは、本当に上手いものである。
ズバッ、ズバッ、と的確な返しが出てくるのである。そこにはまどろっこしくもない素敵なユーモアさえも含まれている。
そういう人と話していると、「大したものだなあ」と思いつつ、学ぶ気はまったくゼロである。
なぜならば、僕はこのようにはいかないからだ。これはいわば、一種の諦観の境地と言えるのかもしれない。
いや、駄目だ、こんなんじゃ……。

最近は単に、僕は内面にうるさく働きかけるからこんなザマなのではないかと思うようになった。
会話をしながら、いろいろとアレコレ考えるもんだから、全然スピーディさが無いのですよ。
どうにかこうにか、最高の抜本策を思いつけば良いのだけれども。

    13:46 | Comment:2 | Top
 
Comment
 
 
おでんはやさいっていわれた日にはこまりましたけどね。

  [URL][Edit]
2015.04.14 Tue 22:58 いずき  #a9LSzAx2
>あいさん

おでんは野菜でしょう……何を言っているのですか。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。