あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

AC/DCの『Rock or Bust』について

つーわけでAC/DCの『ロック・オア・バスト』です。はい、聴きまくっております。
ジャケットには立体効果レンズがなされており、角度を変えると、ロゴが散り散りに砕けます。
まさに「ロックを、さもなくば破滅を」を冠したアルバムに相応しい効果。相応しい堂々とした態度。
AC/DCには毎度毎度、勇気づけられまくりでございます。

んで。
AC/DCにとって、実に六年ぶりのスタジオ・アルバム。ファンにとって、待ちに待ったスタジオ・アルバム。
2013年中に新譜を発売するとニュースもあり、おおマジか最高の年になりそうだぜってなもんでしたが、
結局リリースされず、今か今かと待ち侘びて。でも私、いつまでも待つわ。
で、2014年の12月に発売決定。
アマゾゥンに商品ページが掲載されるや、秒速の勢いでアナログ盤を予約。
……したんだけど、発売日に入荷遅延で届かない!!!
じゃあCD買うってことで近所のCD屋さんを廻るものの、何処も入荷しておらず。
Twitterでは発売日から次々と手に入れました報告が。
それらの報告を指をくわえて羨望の眼差し。でも僕は負けぬ(何に?)
決意を固め、HMVで注文。在庫あり状態なのになかなか発送されず……
あゝ、神なんていないんだ。ロック神は死んだと言ったのはフリードリヒ・ニーチェ? ジョン・ライドン?
それとも混ざってんのかちくしょうがと地団駄を踏みつつ、僕はAC/DCを待っていたのです。

で、ついに手元に届く。

この気持ちはなにものにも代えがたい。
さて、どんなもんかなーと沸き立つ心を抑え切れず再生ボタンをポチッとなですよ。
イントロで思わずニヤついた。
「いつものAC/DCだ……」。これがまず思うところでした。
凄まじいまでの高揚感を持つ曲がドドドッと流れ込んで来るんですよ。
変らぬ音楽性、変らぬアティテュード。これぞAC/DCなのです。

ジャケットを見開くと、アンプを背にギターが二本寄り掛かっています。
そして「In Rock We Trust」の文字が。
表題曲『Rock or Bust』の歌詞の一節で、訳すと「俺たちはロックを信じる」といったところか。

かつてAC/DCは、ボン・スコットが亡くなりバンド存続の危機に立たされた時、
後釜のブライアン・ジョンソンを迎え『Back in Black』を発表し、空前の大躍進を遂げました。
その際、ボンに対する、感傷的な、弔慰らしい演出は行いませんでした。
アルバムには『Have a Drink on Me』なる曲を収録したほどです(ボンは飲酒が元に亡くなった)。
ブライアンは「彼の生き方に敬意を払う曲だ」とインタビューで答えておりました。
今回、AC/DCに欠かせぬマルコムの脱退はメンバー、ファン共に大きな悲しみでした。
だけどマルコムはバンドが終ることを望んではいなかったし、センチでドラマチックな演出も似つかわしくないでしょう。
時代が変ろうと、どのような困難に見舞われようと、変らず自分たちがやるべきことをひたすらやってのける。
それがAC/DCであると思っています。
『Rock or Bust』は、そのような意思表示の現れではないでしょうか。
退くこと知らぬ鋼鉄の意志よ。やっぱりスゲェよAC/DC。
僕もロックを信じるし、AC/DCを信じています。

    10:48 | Comment:8 | Top
 
Comment
 
 
2014.12.31 Wed 23:55 naokichiman  #-
うん、いいね、いいレビューだ。
色々あっていまだ手に入れてないけど、
近々にも手に入れて早くテンションマックスになりたいね。

さて、ホントにあと何分かで今年も終わるね。
ここがブログ行脚のトリになりました。

今年も色々とありがとう。
来年もよろしくね。
  [URL][Edit]
2015.01.01 Thu 16:12 いずき  #a9LSzAx2
>なおきちさん

こんにちは。
本当はアルバムの感想は長くて、AC/DCに対する想いも、いろいろと沢山書いたのですが、ちょいと感傷的になりすぎたのでかつお節を大胆に削るが如く、ごっそりいきました。
やはりどんな困難もなんのそのな態度でいることがAC/DC節であると、そのように思いまして。
『Rock or Bust』はマルコム不在の感傷的な部分はありませんですし。
アルバム内の「In Rock We Trust」は、敬意を払って見送るような、そのような姿勢であるというか。
上手く説明できませんですけど。

兎に角も、『Rock or Bust』はブレないAC/DCがそこにありました。
俺はここにいるぞ、と、背筋をピンと伸ばした堂々たる風格変わらぬAC/DCが。
僕のようにどうだっていいことでセンチになり猫背でトボトボしてたらいけませんね。

なおきちさんもテンションマックスになってくださいませ。
頭のてっぺんからつま先まで、全部まるごとAC/DCです。
総収録時間が三十五分というのもいいですね。レコード時代のようで。

>ここがブログ行脚のトリになりました。

ト、トリですか。なんかこう、照れますね。

返信を書いているこの時は既に2015年。
ここであけましておめでとうございますと言わせてください。
僕もいろいろとありがとうございました。
今年もブログにおじゃまさせていただきます。
すこやかに過ごされますよう。
  [URL][Edit]
2015.01.09 Fri 10:42 naokichiman  #-
どこにコメントしようか迷ったけど、ここにします。
年賀状ありがとう!感激しました。

まさかFacebookがそんなことになっていたとは気づきませんでした。
いずきさん位信用できる人ならそれでもいいけど、
ちょっと怖いので設定変更しました。

年賀状の返事、なるべく早く作ります。
今年のはブログに記事にしたようにバルーンの写真だったけど
いずきさんのは特別バージョンにします(笑)。
お楽しみに。

AC/DC、今日やっと手に入れます。
  [URL][Edit]
2015.01.11 Sun 16:14 いずき  #a9LSzAx2
>なおきちさん

こんにちは。
年賀状お届きになられましたか。
九州まで無事、旅を終えることが出来たようで安心致しました。

Facebookもそうですけど、この時代になり、個人情報が安売り――という表現は的確ではないですけれども――されるようになりましたね。
とかなんとか言いながらも、Facebookで住所知り年賀状を出す僕自身、棚に上げているのは汗顔の至りです。

なおきちさん、新年早々、躰の調子を崩されたようですけれど、大丈夫ですか……。
無理はなされぬよう。
だがしかし、特別バージョンを楽しみにしていたり。

AC/DC手に入れますか!
楽しんでください! 癖になるリフが沢山です。
  [URL][Edit]
あけましておめでとうございます。

変わらぬAC/DC愛がすばらしです。
  [URL][Edit]
2015.01.13 Tue 01:46 いずき  #a9LSzAx2
>あいさん

あけましておめでとうございまする。
平成27年ですよ、2015年ですよ。
年は変るが、己の意志は変らぬよう。

AC/DCには聴く度に元気をいただいておりますから。
今年もいっぱい聴く所存。
  [URL][Edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます  [][Edit]
2015.01.18 Sun 08:51 いずき  #a9LSzAx2
>なおきちさん

おはようございます。
年賀状、届きましたぞえ。バルーンのやつ。ありがとうございます!

いや、いや、いやいやそんな。
感無量ですよ。今年もよろしくお願い致しまする。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。