あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

鋼鉄ファンをカワイイの渦に巻き込むBABYMETAL現象

えーと。
はい、BABYMETALのCD、買っちゃいました。
三人の女の子のグループです。
いわゆる、メタルとアイドルのコラボレーション。だからBABYMETAL。
割と前に、アイドル好きの女の子から名前だけ聞いたことはありました。
だけど、メタルとアイドルのコラボ? 勘弁してくれよ。ってのが第一の思い。
食わず嫌いで聴かずじまいでした。

最近になってあちらこちらで名前を聞くことになったBABYMETAL。
去年のサマーソニックで、あのMETALLICAがBABYMETALのステージを興味深げに観に行った記事を目にして気になってきました。
「Tシャツどこで買えるの?」とほしがったり、METALLICAのカークさんがBABYMETALと記念写真を撮ったり。

BABYMETALのワールド・ツアーではフランス、ドイツ、イギリス、アメリカといった欧米各国を回り、かなり好評で集客も良好だそうです。

http://blog.livedoor.jp/metalboy/archives/11548451.html

海外のチャートでは好順位を記録したり……。ここまでくりゃあ無視できないです。ってなわけですよ。


つーわけでHMVでポイント使い、きっかり二千円で買い求めたってわけ。
重厚的なヘヴィ・メタルな音にのせて、かわいい女の子のヴォーカルとコーラスで構成されています。
この兼ね合いが新鮮というか、美少女と野獣という感じというか、相容れ無さそうだけどピッタリと凹凸嵌るしっくり来まくりというか。
されど、かなり戸惑いはありました。どのヘヴィ・メタルの曲とも違っているからです。
もちろん、このグループは純粋なヘヴィ・メタルではなく、メタルとアイドルの融合です。
メタルでありながら、ポップであり、エレクトロニクスであり、意味がよくわからぬ歌詞に混乱しつつ。
そんな思いはあるものの、アルバムには純粋な楽しさがあった。
これはメタル的な楽しさなのか、ポップ的な楽しさなのか、アイドル的な楽しさなのかは、僕にはわからぬ。
わからぬが、楽しさを感じたあたり、それはどうでも良いのであろう。

ともあれ、ここ最近のBABYMETALの盛り上がりには納得するところはありました。
それは純粋に新しいのですね。
枠に囚われず、突き抜けておるのです。
かといって無法者が如く好き勝手やっているわけじゃなく、しっかりとした「メタルとアイドルの両立性」なるコンセプトを中心に据え置きながら、その、好き勝手やっているんですね。

そして女の子たちはかわいいし、ライヴで盛り上がる曲に満ちあふれています。
メタルへの皮肉や偏見は無く、情熱的なまでに模倣しています。
かつてマイルス・デイヴィスは「日本人はコピーをする。それも上質なコピーをだ」といったことを言っておりましたが、いやまさにその通り。
コピーした上で日本特有のアイドル要素を組み合わせているのだから、あまりに唯一無二です。魅力はそこにあるのだろうと思う。
METALLICAなどを観に来たヘヴィ・メタルのコンサートでBABYMETALを目の当たりにした外国の人たちの面妖なる驚きや、判断しづらい、どう捉えれば良いのか定められない、複雑極まる想いもよくわかる。だが、楽しい。うまく説明できないが、楽しさを誤魔化すことは出来ない。
日本が打ち込んだメタルとアイドルの起爆剤。
そのキュートでヘヴィな爆発の炎に魅せられる人はまだまだ増えるだろう。
僕もそうだ。


51dGGilGduL.jpg

    20:26 | Comment:2 | Top
 
Comment
 
 
2014.12.11 Thu 20:25 naokichiman  #-
これテレビで見たな。
割とちゃんとメタルしてる感じ。
チャート上がってるっていうのが何気にスゴイね。
九ちゃんの再来?(笑)
  [URL][Edit]
2014.12.11 Thu 22:18 いずき  #a9LSzAx2
>なおきちさん

こんばんは。
地上波放送でも紹介されておりますか。
確か、十二月の二十一日に、NHKで特集が組まれておるのですよ。
みちゃおうかなーと思ったり。

歌声は可愛い女の子ですけど、メタル・サウンドはかなり重くて本格的ですよね。
いやいや、侮っておりましたよ。
それに、子供たちにも聴いて楽しめる音楽です。
BABYMETALがアイドルとメタルの架け橋になりうるのではないでしょうか。

だからなおきちさん、お子さんたちにBABYMETALを。
そしてメタルへの道を……。
  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。