あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

なななななななななななななな夏がっ!?

夏の終わりが近づきつつあり。次第に秋らしくなりつつあり。
道を歩いていると、力尽きたセミの死骸がポトリ、ポトリと見え始めます。
セミは一体何が楽しくて生きているのだろうかと思いを巡らしつつ。

当今、恋の相談をよく受けます。
といっても僕に全てを委ねるような相談というわけではなく、雑談ついでにちょいと聞いておくんなまし~ってな具合。
そもそも、おかしい。
僕に恋の相談をしたところで、骨折り損のくたびれ儲けも甚だしい。
これまでの人生において恋の経験度なんぞスポイト一滴にも満たぬ。
そのような甘美なる要素は皆無。
恋愛知識は、ハーレクイン文庫を何冊か読んだくらいしか無い。
そんな僕から有益な助言を引き出せるとは到底思えぬ。
水っ腹の野良猫に哲学を論じて聞かせるくらい無益な行いであると僕は考える。

しかしながら、そんな話は門前払いじゃ討ち捨てい、ってなわけにはいかない。
それなりに、ちゃんと聞く。
聞いていると、なかなか皆苦しんでいるようである。
僕は思う。それほどまでに恋が苦しいのならば、端からしなければよかろう、と。
だが、そういうわけにはいかないようである。
うまくいけばいいものの、叶わぬ恋との結果に終わるとそれは哀しいであろう。
天とはあまりに無慈悲である。それもまた人生の面白味であるのかもしれない。

つい昨日受けた相談は、詳しくは言えないけれども、まず一縷の望みもない恋であった。
本人も成就するために行動をしようとかは考えていなかった。
たぶん僕に話を聞いてほしかったのだと思う。
助言は必要なく、話を受け止めてくれる相手、心の内のわだかまりを少しでも解消したかったのか。
力になれたかはわからないけれども、強く生きてほしいと切に願う。

ボブ・ディランは「愚かでなければ、恋なんてしない」と言った。
そっち方面でも経験してきたディランだけあって、凄まじいまでの至言である。
この「愚か」とは決して「莫迦」といった意味合いではなく、あまりに人間臭い、人間が人間であるが故に決して切り離せない宿命めいたことを言っているのだと思う。
愚かでいいではないかと。自らの定めのために思う存分愚かになろうではないか。
人間が人間たらしめるためにも。

    02:17 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。