あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ブレイキング・バッド

そういえば、米ドラマ『ブレイキング・バッド』がエミー賞、作品賞など六部門を受賞したとのこと。
普段はあまりなになに賞がどうのというのは気にしないのだけど、好きな作品が受賞するとつい嬉しくて笑みがこぼれてしまいます。

前の記事ではドラマのキャラクターが夢の中に出てきてギョエーとは書きましたが、うなされたこととドラマの好き嫌いはまったくの別。
むしろうなされたくらいキャラクターのリアリティというか、恐ろしさが描かれたということ……だと思う。

このドラマは末期がんを宣告された、高校の科学教師のウォルターが、家族にお金を残すために、クリスタル・メス(覚せい剤)の密造をしていく物語。
かつでの教え子がメスの売買に関わっていることを知り、相棒として手を組み、あれよあれよと裏の世界に染まっていきます。
臆病で、犯罪とは無縁のウォルターが裏の世界に適応していく様が面白い。悪の大物と駆け引きをしてみたりしてね。
キレイ事で済まされない世界で生きていく。道徳なんぞ知ったことか、インモラル上等ってなもんですよ。

常に自身の破滅や家族の崩壊が隣り合わせという緊迫とした進行で、重苦しそうな物語ではありますが、全編ブラックなコメディとして作られていています。
「これ、笑っていいのか?」と思いつつも、笑いを抑えられずにはいられない。

キャラクターも皆、魅力的です。
悪人は悪人として生き生きとしていますし、麻薬を取り締まる側も適度にいかれていて楽しい。
僕は悪徳弁護士のグッドマンがお気に入りです。

僕はシーズン3まで観ました。
シーズン5で完結でして、もう半分以上も観ていることにわずかに寂しさが。
物語は何処に向かうのか楽しみにしつつ、シーズン4を観ていきます。


あ。
このドラマ、オープニングが格好良いですよね。

    22:43 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。