あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ガンズのChinese Democracy買ったよ

Guns N' Roses 『Chinese Democracy』



こんばんわ。最近はホント寒くなりましたね。
僕ぁ持ってる防寒着は手袋だけですよ? さあどうやってこの冬を乗り切ろうか。

で、前置きはともかく、ガンズの新作「Chinese Democracy」を購入して来て参りました。
1991年にリリースされた「Use Your Illusion I & II」以来、ガンズはオリジナル・アルバムをリリースしていない。実に17年(!)のインターバル。総制作費14億円。なんか凄いことになってました。
ガンズファンの歴史がせいぜい二年の僕が言うには恐れ多いが、このアルバムは往来のガンズサウンドではない。別に第二アペタイトを期待して購入したわけではないし、一曲一億円の制作費だとかそんなことは関係なく、「Chinese Democracy」を堪能したいと思う。

で、だ。とりあえず全曲通して聴いてみたのですが、こりゃいい。だが、現ギタリストのリチャード・フォータスが、アルバムを聴いた奴は大好きになるか大嫌いになるかどちらかだろうな、と意味深なコメントを残していましたが、まさにその通り。バッサリ賛否両論に分かれるアルバムだと思います。

スラッシュのギターも、イジーのギターもない。これがガンズかと言われたら違うのだろう。アクセル・ローズのソロアルバムのような位置かもしれません。
しかし、天才にしか創造できない美しく激しいロック世界が広がっています。

驚愕するのは一曲目の表題曲から4曲目の元「The Blues」までの流れ。泣けます。
そしてライブで盛り上がりそうな七曲目の「CATCER IN THE RYE」、そしてなにより……「THIS I LOVE」。アクセルはバラード曲を歌わせたら一流なのだがこのタイプの曲を作り歌い上げるとは。

唯一「?」と思ったのが映画「Body of Lies」のテーマ曲の「If The World」。なんか、サンプリングが多く感じます。

つーことで。まだ一周しか聴いてないので、間違っている所もあるかと思いますが、今日はこの辺で。



 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://iski.blog55.fc2.com/tb.php/10-71f1b946
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。