あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ものを持つ

ものはなるべく持たないようにするのが信条であり、自由と密接に関わり合っていると思っています。
だけど、生きている以上、ものが増えるのは仕方が無いことで、こればかりはどうしようもありません。

一時期、狭い部屋に住んでいたのですが、ものをたくさん置くと狭っ苦しかったのです。
明智小五郎さんは四畳半のねぐらに大量の本を積み上げて生活していたそうですが、僕にはそんな真似はできません。
読み終わった本は、「ああ、もう読み返さないだろうな」と自らの中で確信を持ったのを売り払っていました。
だけど不思議なもんで、しばらくたつと、ふとした契機に思い出して読み返してみようとする気になるのです。
読んだ文章は全部頭にインプットできれば良いのだけれども、僕はコンピュータでも、その種の能力者でもない為できません。
そういうこと出来たら味気ないと言えば味気ないけど、

ものをたくさん持ったところで死んじゃったら終わりなわけで。
あの世があったとして、引き継いで持っていけることもできません。
よく亡くなった方を焼く折に、死体箱みたいなのに思い出のものとか、その人が好きなものなどを入れる場合があります。
あれをする意味ってのはそれぞれでしょうけど、「持って行ける為に」というのは土台無理な話です。
この間、一万枚のレコードを所有していた人が亡くなり、eBayか何かに遺族が出品して「なかなかリーズナブルな」お値段で話題を呼んでいました。死んでしまったら、こうやって粛々と処理されるのだなと考えると虚しいですよ。

しかしあの世があるとして、ものは持って行けないとしても記憶くらいは持って行きたい。
ずうっと昔の人と出会って、僕が生きていた頃の本の話などをしてみたいし、話を聞きたい。
それが出来るならば、死ぬってのもわりと悪くない? そんなことはない。まだまだ生きたい。

スポンサーサイト
    16:02 | Comment:0 | Top

映画オールタイム・ベスト十

続・夕陽のガンマン
タクシードライバー
グッドフェローズ
ゴッドファーザー
スカーフェイス
地獄の黙示録
ジョーズ
大脱走
ゾンビ
悪魔のいけにえ

    09:53 | Comment:0 | Top

AC/DCの(元?)ドラマー、フィル・ラッドの再逮捕

フィル、再逮捕。
マジで何やってんねんって感じなんですが……ええ、再逮捕されたようです。

http://www.barks.jp/news/?id=1000117881

これまでの経緯を平たくまとめると……


2014年の11月頃、突然フィル逮捕のニュースが

容疑はとある人物への脅迫及び殺人計画に関与したことの疑い、薬物所持の件

実際のところ、ソロ・アルバムのプロデュースに不満を持ったフィルは、アシスタントに連日、電話で脅しをかけたっぽい

殺人脅迫については証拠不十分で不起訴、でも薬物は持ってたので禁錮刑になるかも

八ヶ月の自宅拘禁の判決。その際の条件として、「お酒は飲んじゃダメだよー」

自宅のフィル「お酒グビグビ。あと娼婦も何人か呼ぶか」

余裕で見つかり再逮捕、再び裁判所へ

裁判所で待ち構えていたメディアに中指突き立て、そのまま車でブォォォォン
その際、AC/DCのロゴが入っていた革ジャンを着ていた。



……ということなんですけど。
もう口あんぐり。ふざけんな! ってなもんです。

AC/DCは新譜を発表し、フィルの代役としてクリス・スレイドを迎え入れ、現在ツアー中。
この間はノルウェー公演を行ったようです。
AC/DC側のフィルに関するコメントは無し。

去年はアンガスが「俺が知っているフィルではない」と声明を発表していました。
フィルは、アンガスに連絡を取ろうとしたけれども返ってこず、誰ともやり取りはしていないそうです。
けれども、AC/DCがツアーを行っていることは喜んでいるし、いずれは復帰したいとの心境を明かしていました。
それはAC/DCのロゴの入った革ジャケットを着用していたことに表れているのかもしれない。

でもなー、なんだかなー。
今はAC/DCのフィル・ラッドと考えるのは抵抗があります。
フィルは好きだし、彼のドラムは唯一無二のものだと思っています。復帰もしてほしい。
でも今の状況を考えると、自分のやったことのけじめをきちんと付けてもらいたいという思いです。
フィルの行動がAC/DCに飛び火しまくっているのは事実ですし。

アンガスはこう語っていました。

>「フィルは自分で今の苦境を生み出したんだよ。あいつのことをそういう風に言うのも辛いんだけどね。ドラマーとして素晴らしいやつだし、俺たちにたくさん貢献してくれてきているし。でも、なんかどうにもならないことになってるんだよね。今のフィルは俺たちの知ってるフィルじゃないみたいなんだ」

>「そういう(薬物がらみの)領域に入るとすごく難しいんだよね。正確にはどういうことになってるのか俺もわからないし。ただ、俺に言えるのは、バンドという見方で考えると、フィルはちょっといったん身辺を整理しなきゃならないってことだよ」

http://ro69.jp/news/detail/113536

    17:43 | Comment:0 | Top

アナベル 死霊館の人形

『アナベル 死霊館の人形』を観ました。
みんな大好き、呪われた人形。
僕らの国では髪の毛が勝手にのびたりする市松人形などがガンバってますが、海の向こうにある異国では白いドレスをまとった可愛い人形が人を呪うべくガンバっているわけですな。
どれくらい可愛いって?


g56g56g56g.jpg


ほら、これくらい可愛い。
なんつーの、いとしのアナベル? 好きにならずにいられないって感じ?
このこは元々、『死霊館』という映画にちょい出していた人形なのです。
『死霊館』では魔女かなんかの幽霊かなんかが家と家族に取り憑きます。
んで、そういう連中を退治する専門家であるロレインとエドのウォーレン夫婦が、その異形の者を退治すべく頑張る作品でした。
しかし、メインの魔女かなんかの幽霊かなんかを完全に押しのけるような存在感がアナベル人形にはありました。

それで、アナベル人形そのものに焦点をあてたスピンオフ映画が製作されました。
その映画こそ本作であり、アナベル人形の誕生譚となっています。

時代はチャールズ・マンソン事件が起こった'69年ごろのアメリカで、主役は子どもを身ごもった幸せそうな夫婦、ジョンとミア。
夫が君にサプライズがあるんだよーっつって、プレゼントしたのがアナベル人形。
人形が映しだされた瞬間です。もうアナベル人形、存在感ありまくり。まさに王の貫禄といった感じです。
でもまだ、何にも取り憑いていません。この時点ではただの人形です。

まあ、んで、いろいろあって変な悪魔崇拝者のカルト信者の夫婦にジョンとミアは襲われるのですね。
間一髪のところで警察が駆け付け、カルト信者の夫婦は射殺され、なんとか事なきを得ます。
そのカルト信者の夫婦の女のほうがアナベル・ヒギンズ。
アナベル・ヒギンズはくたばりましたが、死ぬ間際、手にしていた人形に血が垂れ、どうやら魂が乗り移ってしまったっぽい。
アナベルの魂と人形がドッキングして、史上最強のアナベル人形と化しました。
そんで史上最強のアナベル人形が勝手にミシンの電源を入れたり、勝手にガスコンロをいじってポップコーン作ろうとして火事起こしかけたり、いろいろと嫌がらせをするお話です。

全編観た感想はというと……もうちょいとアナベルさん、活躍してほしかった。
画面にはあまり映らないけれども、常に存在が漂うような不気味さはありました。
そこらへんはさすがの王の風格です。
彼女が座るのはただの棚や、ロッキングチェア。だけど彼女が座るだけで、そこは玉座に早変わり。
王は堂々としているべきだ。
確かにそうです。だけども、もうちょいと動いて「私がアナベルだ!」と主張してほしい。
アナベルさんをもっと見たかったな。

『死霊館』もそうでしたけど、至極真面目なホラー映画なのです。
このアナベルさん映画も真面目~な感じ。枠をはみ出るようなはっちゃけた作りを期待しておりました。
続編が製作されるようなら、更なる活躍の場を提供してあげてほしく思います。

    14:43 | Comment:0 | Top

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』について

僕が普段、できるだけ避けている映画はラヴロマンスものでありまして、
ただでさえ干からびている生活をおくっているっつーのに、なんだって現実逃避手段の素晴らしき架空世界のオアシスである映画にまで、よくわからん他人のロマンスなんぞを第三者的視点で静観せねばならんのだと。
最近、レンタル開始した人気作品というのが『あと1センチの恋』ってやつ。
1センチぃ? あと1センチってなんだよ、比喩的な意味かよ、それとも物理的な意味か? レオパレスのようなうっすい壁をはさんでの恋かね、壁越し1センチということか?
そもそも英語圏の映画だろ、センチ計算じゃないだろうがああああああああああっ!!!

そんなこんなで、これまで人生をおくってきたわけですが、考えりゃあこのブログで『新ビバリーヒルズ青春白書』の追憶なんぞをまとめた頃もありました。
うん、なんやかんやで観始めたらわりと楽しく観ちゃう。だけども正規の楽しみ方じゃあなくって、いろいろ心の中でぼやきながら楽しんでいます。表面上きれいに取り繕ったのより、どろどろした恋愛劇のほうが好き。
嘘の連発、人間不信、恋愛のパワーゲーム、駆け引き、恋敵を叩き落とす。そんな感じ。

『あと1センチの恋』は観てないんすけど、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』ってのを観ました。
一応これ、レンタルビデオ店のジャンル分けではラヴロマンスに枠付けされています。
え? 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』って何かって? そりゃ奥さん(誰?)、イギリスのベストセラー小説の映画ですよ。
直訳すると、グレイの五十の影。原作者はE・L・ジェイムズさん。
僕が大嫌いなトワイライトシリーズの同人誌のようなのを改変して、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』として書籍化した(んだっけ?)。
日本でも早川から和訳が出されています。超話題作だったんで僕も読みましたよ。
どういう話かっつーと、グレイっていう、アメリカの典型的な金持ちホワイトカラーな美青年がおりまして、この野郎がうぶな女子大生アナさんをSM調教するという話。
なんじゃいこれってなもんですよ。グレイは世間一般的な恋愛や性交渉は、こう、好きになれなくて、女の人を従僕させ、拘束したりムチとかでお尻パシーンって叩く嗜好を持つサディスティックな男の人なのだ。
読んでいて、「うわ、マジか」と思ったわけです。

そんでもって映画化でしょう?
日本でも全国公開されましたよ。もちろんのこと、R指定ですけど。
どっかのウリ文句では「ドSなイケメンにキュン死する女子続出!」とかふざけたこと書いていて、「あぁん?」ってなもんですよ。
それでびっくりしたのが、調教されるうぶな女子大生アナ役をダコタ・ジョンソンさんが演じると聞いて、「うわ、マジか」と思ったわけですな。
だってこの作品、すっげえ過激なんですもん。エロな意味で。これダコタさんが演じるって、観たくない。でもちょいと観たい。
手で目をおさえつつ、「きゃー」言いながら指の隙間で覗き見する感覚。いやあ、背徳感すごいっすなあ。

劇場公開していたときは観なかったんすけど(一人はさすがにちょいと恥ずかしい)、
七月はじめにDVDレンタル開始したんで、『戦争と平和』と『市民ケーン』の間にサンドウィッチして借りたよ。
ダコタさんどうなるんだろうなーとドキドキ感で再生したら、これがまた惜しげも無く晒しているわけですよ! 裸を!
濡れ場なども、かなりのハリキリ演技ですよ。すげえのなんのって。

ああ、ええと、簡単なストーリー紹介です。あれ? もう聞いたって?
まあまあ奥さん、ちょいと聞いておくんなまし。グレイがアナさんをSM調教する話だよ。おわり。
さっき聞いたって? だってこれだけなんだもの、この映画。

いやもちろん、SM調教だからってキワモノなイメージを持たれては困ります。
いろいろと葛藤とかなんやらあるんすよ。アナさんはグレイに惹かれていくところとかね。
アナさんはこれまでセッ○クスはおろか、キスもしたことがないおぼこい女子大生。って本当かよ。
すごく可愛くて、スタイル良くて、嫌味も無い女の子だよ。男がそんな子放っておくはずないではないか。
男は狼なのよってキャンディーズも歌っているではないか。あれ、ピンクレディだっけ?
どっちか忘れたけど、本当かね? 純血の誓をいをたてるようなクリスチャンな描写もなかったし、確か。なかったよね?
世の女性事情はわかんないから、これ以上勝手なことは言わんでおこう。

そんなわけで、アナさんは学生新聞の記者として、なんかの大企業のCEO(つまりめっちょ偉い)のグレイと面合わせします。
美青年の金持ちの将来有望の締まったお尻をしているグレイに心惹かれるアナさん。
一方グレイさんもアナさんのどこらへんかはわかんないけど、興味を持つのですね。
まあいろいろあって、お二人は距離を縮めるのですが、ここに来て発覚。グレイはSM嗜好を持つ紳士であった。
グレイの自宅に招かれたアナさんは、「僕には秘密があるねんな」とかなんとか、聞かされて、
アナさんは「あなたのすべてを受け入れるわ」とかなんとか、言ったような気もしないでもないが、グレイは「じゃあ秘密を見せよう。プレイルームに行くで」っつって、自宅の鍵で閉ざされた部屋に行くとそこはSM部屋。
ベッドが真ん中にドンと置かれていて、ムチやら手錠やらなんやらが壁にかけられている。まさにSMオールスターって感じ。
お金持ってる奴だから、必要な道具はすべて一から百まで揃っている。んでもって部屋は余すところなく掃除されているもんだから、なんつーか、綺麗な『ホステル』の拷問部屋って感じ。
アナさんは結構びっくりするんだけど、グレイが好きな気持ちは変えられないから、SMするわけ。

でもアナさん自身はそういう趣味ないから、グレイと食事行ったり映画観たり、ベッドで二人して眠ったりしたい。
映画やドラマで観るような恋愛をしたい。あなたを受け入れるけど、私の要望も聞いてよってなもんですよ。
せやけでもグレイは、僕はそういうの楽しめないのだと。ベッドではいっしょに寝ないのだと、まったく譲り合いの精神が無い。
僕は君を従属者にしてムチで叩いたりするけど、君は望み言う権限ないよーん。ひでえなおい。
しかししかし、アナはグレイを愛しているが、グレイもアナを愛しているっぽいのですね。それが世間一般的な視点からずれているだけで。
これは間違いなく恋愛劇ですよ。すれ違いというか、うまくパズルのピースがはまり込まないというか。
観ていてどちらにも感情移入してしまいつらい。グレイの場合は生まれ持ったサガなんだから仕方ないもんね。
「他人とは違うんだ」という悩みだってあると思うよ。
それでも幸せになろうと、強く生きる姿勢には胸をうちます。。どうしようもないキザでいけすかない野郎である点は腹立つが。

この映画、ラストはすっきりしないままエンドロールに入ります。
なぜかって? だってこれ、続編あるからね。ってうわああああああああああああああああああああああああああっ!?

はい、実は『フィフティ・シェイズ・ダーカー』、『フィフティ・シェイズ・フリード』と続く三部作の一作目なんすよ。
映画はあとの二作の製作も決定している。来年か再来年あたり公開予定だそうで。
どうなるか気になるっちゃあ、気になる。本当だよ?

今日はこんな感じです。

    17:50 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。