あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top
 

最近読んだ本

『ダークゾーン』 貴志祐介(祥伝社)
23456756.jpg

貴志作品にしては前作の『悪の教典』から短いインターバルで出された一冊。
序盤から僕は面食らってしまった。プロ棋士を目指す主人公の塚田たちは気がつくとわけのわからない異空間に置かれていて、全員赤いオーラに身を包まれ、その姿も禍々しい異形の怪物に変わっている。そして一つ眼(キュクロプス)や火蜥蜴(サラマンドラ)といった怪物を指す名称。
どうやらこの異空間のどこかには青いオーラを纏った青の王将(キング)なるものが率いる団体が陣を張っており、両者はどちらかのキングが死ぬまで戦わなければならない。
うーん、大丈夫か、貴志祐介……と戸惑いを見せてしまったが、そこはやっぱり貴志作品。異世界に飛ばされてしまった謎と過去に位置づけられた現実での出来事を交互織り込まされた展開は極上の仕上がり。

そして、なんといってもこの本の一番の見せどころは戦闘描写である。
激しく陰惨な怪物同士の殺し合いと、研ぎ澄まされた頭脳戦は手に汗握る。
戦闘の割合はとても長丁場ではあるが、全く飽きさせない、むしろ徐々にヒートアップするのは貴志祐介の筆力あってこそだろう。
個人的にはラストはいまいち納得できない感はあったが、それでも貴志作品の風格は揺ぎ無い。


『エアーズ家の没落』 サラ・ウォーターズ(創元推理文庫)
t5tg6hyju7k.jpg 45gt6yhu7i87uhy6gt5.jpg

館を舞台にしたホラーは『レベッカ』や『シャイニング』『ねじの回転』など連想される作品は枚挙に暇がない。
もちろん、館でおそろしい怪奇現象が起きていくわけですが……。
基本的にはホラーを軸にしているようだが、ミステリーやサスペンスの要素も含んでいる。

こういう館のゴシック・ホラーは個人的にゾクゾクするほど好きである。
西洋の古めかしい館は美しくもどことなく不気味であり、見るだけでも惹きつけられる人も多いはず。
そんな館から繰り広げられるおぞましい出来事の数々、西洋の館好き、そしてホラー好きとくれば、もう雰囲気だけでも陶酔してしまう。ある意味ではこういった雰囲気を楽しむための小説なのかもしれない。
時代を感じる洋館を美麗なる描写力で書き綴られ、おどろおどろしい怪奇現象を絡ませる技巧は素晴らしい。
上下の二巻を通じてその美しき恐怖の渦に酔いしれるがいい! フハハッ!


『剣豪将軍義輝』 宮本昌孝
r56789.jpg 45345345345.jpg


室町幕府第十三代将軍・足利義輝を主人公にした剣豪小説。
足利義輝と言って、彼がどのような人物だったのか知る人はどれだけいるだろうか。名前すら知らない人もいるのかもしれない。
彼の最も有名なエピソードは松永久秀のクーデターによる壮絶な最期だろう。義輝は何本もの秘蔵の太刀を畳に刺し、刃こぼれしては新しい刀に替え襲いかかる刺客を次々と斬り殺すが衆寡敵せず討たれてしまった。かつて義輝は剣聖と呼ばれた上泉信綱や塚原卜伝に剣の指導を受けており、生粋の剣豪であったらしい。

この本では足利義輝を室町幕府の将軍としてではなく、一人の剣豪として描かれている。義輝の人物像もかっこよく、凛然たる風格、温かな物腰、そしてとてつもなくタフで強い。主人公らしい主人公っぷりがこれまたいい。文章を通して最期には刺客という刺客を屠りまくるであろうことを感じさせる迫力がひしひしと伝わってくる。
その他の登場人物もとても魅力的であり、その人物たちとの交流も面白く、ストーリーもテンポよく進んでいく。歴史に詳しくない人でも安心な親切な設計である。

これは、いいものだ……。

スポンサーサイト
    01:04 | Comment:0 | Top

『Live at River Plate』 AC/DCィィィーーーァァーーーッ!!!




まぁねー、攘夷派の武士からすりゃあアメリカン・ドリームなんて悪夢だよ。
こんばんは。いずきです。
えーと、つーわけでAC/DCです。

AC/DCの『Live at River Plate』のDVDが5月10日に全世界同時発売されます。
いいね、楽しみで仕方がない。

それで。
River Plate(リーベル・プレート)というのは、ブエノスアイレスにあるサッカースタジアムのことらしい。
サウンドトラック『Iron Man 2』の付属DVDにそのリーベル・プレートでの『Highway To Hell』のライヴが収録されていて、とても大きいスタジアムだということがわかります。
観客の数とその熱狂っぷりも凄まじかったですし、何よりAC/DCがとてつもなくエキサイト。
あれのフルヴァージョンを体感できるだなんて、考えただけで血が沸騰する勢いです。ゴポゴポ

まぁ、そんなわけで、AC/DCファンの方々も同じ想いでいることでしょう、おそらく。
予約についてですが、僕はまだです。わからないことが多すぎて……。
どうやら、AC/DCの公式サイトから既に予約ははじまっているようです。

http://www.myplaydirect.com/acdc/pages/5823056/?current_country=JP


発売仕様は3通り。

Tシャツ、ポスターつきのDVD

ポスターつきのDVD

ポスターつきのブルーレイ



それぞれの仕様による特典映像の有無や、Tシャツやポスターの特典がつくのは公式サイトで購入のみなのか、果たして日本盤は発売されるのか、それは現在のところちょっとわからないので割と困惑しております。
日本盤はおそらく出るでしょうけど、『Backtracks』のように遅れて発売されそうな気がします。世界同時発売に乗じて発売されるのが理想ですが……さて……。

    21:30 | Comment:2 | Top

『Attica Blues』 Archie Shepp

アザトースと近所にあるスーパーのレジのお兄さんが言う「ありがとうございます!」の発音って似てるな。
いずきです、こんばんは。

昨日は真っ黒いアルバムのことについて書いたし、今日も便乗して真っ黒いアルバムについて語るかね。
ふうむ、アーチー・シェップね。
テナー・サックス奏者の人で、ジャンルはフリー・ジャズに位置づけられている人。ジャズね。
といっても僕はジャズについて無知もいいところだし、コルトレーンもまともに語れないのでそこんところはあまり突っ込まないでくださいませ(はぁと
僕がアーチー・シェップを聴くようになったきっかけはただ単にノリノリイケイケの音楽を聴きたかったから。
単純かつ明快な動機である。これ以上の理由はない。
それで手に取ったのは『Attica Blues』というアルバム。


erthyjui.jpeg


1971年に起こったアッティカ刑務所暴動の数カ月後に録音されたものらしい。
だから割と政治色が強かったりする。

一曲目の『アッティカ・ブルース』を聴いたときにはこんな反応だった→(゜д゜)!?





YouTubeにスタジオ録音のがなかったのでライヴ版です。

うねうねうっとうしいエレキサウンドに、ソウル感丸出しのヴォーカル。
なんてこったい。
確かにファンキー、そう、ファンキーでノリノリイケイケ。
言うならば、なんちゃってファンク・ジャズ。しかしそのあまりの迫力に顔が硬直した。
なるほど、これがアーチー・シェップか、おっかないな。
アルバム一枚という視点から見ても、ジャズ、ブルーズ、ファンク、、ソウル、ゴスペルを全部ぶちこんでぐしゃぐしゃにかき混ぜてみました、おめでとう! という感じである。
だがそこはアーチー・シェップ、ただのごった煮音楽ではない。根底には過激なファンク・チューンが潜んでいる。
聴いていると無意識に足でリズムを刻んでしまうようなブラックでファンクなジャズを手軽に聴きたいのならばこの一枚。
アーチー・シェップ恐るべし。

    23:23 | Comment:4 | Top

『Maggot Brain』 Funkadelic

ヨグ=ソトースとヨーグルトソースって似てるな。
いずきです、こんばんは。

えーと、特に書くこともないし最近買ったCDのことについて語るかね。
最近買ったのはファンカデリックの『マゴット・ブレイン』の紙ジャケット。
ファンカデリックの所属レーベルがウェストバウンドだった頃までの8枚のアルバムが紙ジャケ化だって。
8枚全部買うと2万円ほどかかる。もちろん僕はそんなにお金に余裕がないので『マゴット・ブレイン』だけ購入。
おそらくファンカデリックのウェストバウンド期では『マゴット・ブレイン』が一番再生率の高いアルバムだからね。
ジャケットがコレ↓


13f4rg5t6y78.jpg


どうです、ジャケットからぶっ飛んでるでしょう。音楽のほうもぶっ飛んでますよ。
そもそもファンカデリックって何よって思う方もいるだろうからちょっぴり解説。
ファンカデリックというのはジョージ・クリントンというオッサンが率いる音楽プロジェクト、もしくは音楽軍団を指す『P-Funk』のバンドのひとつです。この変態音楽集団『P-Funk』は主に『ファンカデリック』『パーラメント』の二つのバンドを音楽性によって使い分けました。詳しくはGoogleさんから検索してね(丸投げ)。

それで。
このアルバム『マゴット・ブレイン』はとにかく黒い! 黒い! 黒い!
もう死語となりつつあるブラック・ロックという言葉に相応しいでしょう。
そんな『マゴット・ブレイン』P-Funkの首領であるジョージ・クリントンのオッサンよりエディ・ヘイゼルという(変態)ギタリストの存在感が際立っている。このエディ・ヘイゼルの化け物のようなギタープレイはド肝を抜かれます。いやホントに。
10分に及ぶオープニングの表題曲ではゆったりとしたアルペジオをバックにエディのエモーショナルな泣きのギターは真っ黒い禍々しさが醸し出されている。ある話ではジョージがエディに「まるで母親の死の報せを聞いたばかりのようなプレイをし、実は母親は死んでなかったというようなプレイをしろよオラァッ!」という指示を出したらしい。さすがはジョージのオッサン、わけがわからない。





そして一撃必殺の『Super Stupid』。これスゴい。
タイトルからして直訳「超バカ」。超バカってなんだよ、超バカって、しかし曲を聴くと、この変なタイトルがしっくりきます。
稲妻のような直下型リフ、血沸き肉踊るビート、殺人的にファンキーである。
ロックに飢えている人は一度聴いてみてくださいって、最高にカッコいいんですから。





この2曲だけではない、他の収録曲もワイルドだしクレイジーだ。演奏もP-Funk軍団がサポートするのだから悪いわけがない。
全体的に「危険」な香りが強烈すぎてぶっ倒れそうです。変態軍団と言われるだけありますね。
演奏もヘヴィーであるし、とてつもないグルーヴ感を感じます。
あー、なんだろうな、感情だけの演奏が剥き出しているようでこれがすごく気持ち良いんです。
身悶えするほど素晴らしい名盤ですので聴いておくことをお勧め致します。


で、今回の紙ジャケ化で音は良くなったのか。
僕からの答えは、「よくわからん」
ふうむ、僕の耳と現在の音楽環境では判断しづらいものがありますので、そこんところは各自でご判断願います。
ご安心召されよ、音が悪くなっていうということはない(たぶん)。

    22:30 | Comment:4 | Top

圧倒的パワーに打ち勝つ勇気

ガバッ
あらら、今日は早く起きちまったな。7時にもなってないじゃあないか。
よし、ここは大学のレポートでも書いてしまおう。朝のフレッシュな空気を存分に吸って好調なスタートをきろう。
かつで「レポート製造機」という異名で恐れられたこの僕だ、こんなもん軽いもんだぜ。
恐れおののくがいいぜクソブツ・レポートめが!
とか考えながらパソコンを起動。
ニヤつきながらレポートの課題内容を確認。そこに記してあったのはレポート指定文字数……



 8000字。



おっと、先に言っておくがこれまでのレポート課題はせいぜい2000字。
8000字は2000字の4倍。4倍? マンションの屋上から脳天逆落としを食らったような気分だった。
今なら言える、もし大学側から電話がかかってきて「あ、その記述は間違いです。8000字ではなく2000字です、あなたの単位に幸福あれ」と事務員に告げられると喜びのあまり踊り狂い蛍光灯をブチ壊すだろうと。
まさに酢かと思ったらりんご酒だった、という感じ。お酒は飲めないけど。

かなわぬ願いを想像してもはじまらない、夢見る少女じゃあいられない。
とりあえずは図書館に突撃し参考文献の奪取だ。
大学の図書館。普段は人が少ないくせに試験前になると人という人でごった煮になる大学の図書館。
そして大学に着いて気付いた、今日は日曜日だと。そう、図書館は休館日なのだ。
僕は自分の愚鈍さと現実の残酷さを呪った。


「グッ……! このままでは僕の体が……ッ!」


しかし後悔してばかりではいられない、夢見る少女じゃあいられない。
黄金の鳩が舞い降りてきて、肩に止まり、純金の卵を産み落としてくれる幸運を願ってばかりじゃあいられないのだ。
自分の道は自分の力で突き進まなければならない。
僕は何か素晴らしいものを「人生」という概念から見つけたように感じ帰路についた。
そして郵便受けを見てみると佐川急便の不在届が入っていた。
僕は泣いた。

なんなんだこれは、このままでは踏み外してしまう、下は地獄だ。
いや、もう既にここが地獄なのかもしれない。しかし嘆いてばかりじゃあいられない、夢見る少女j(略)。
なんとかこのクソ溜めの底から這い出さなければならない。
そのためには8000字のレポートを書き上げることだ、それで僕はハッピーになれる。

参考文献はいまある本だけでどうにかやりくりするしかない。
僕は目の前に立ちはだかる邪神を打ち砕こうとパソコンのキーボードを必死に叩いた。
そのまま叩き割る勢いだった。
「まだ絶望するほどじゃあないさ、これからが勝負だ。まぁ見てな」





(略)





語りべ「最後の文字を打ち終わった瞬間、レポートは断末魔の叫びをあげながら生き絶えた。
戦士は打ち勝った、レポートいう邪神に数冊の本とパソコン、そして自らの脳で打ち勝ったのだった。
壮絶な戦いを終えたその戦士は末永く、幸せに暮らしましたとさ。
とっぴんぱらりのぷぅ」

~おしり~

    23:49 | Comment:2 | Top
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。