あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

どあーず 幻ノせかい

寒空の下、積んでいる本をどう消化しようか考えていたら、目の前で高校生カップルがキスしはじめたので思わずガン見していたらカップルが爆発した、なんてことになるわけがなく、小学生の頃レッドアイズを友だちの誰かに盗まれた時と同じ心境をしているいずきです。

どうやらドアーズのドキュメンタリー映画『ドアーズ/まぼろしの世界』のでぃーぶいでーが発売されるっぽいですね。





発売日は今年の1月26日。
定価は4179円ですが、Amazonでは3000円ちょいで買えます。パートの職について。
これは観なければ。

そうそう。
映画『ドアーズ』はジム役の人がすっげぇジム・モリソンによく似ているのでおすすめ。
あとメグ・ライアンのヌード見られます。

スポンサーサイト
    19:18 | Comment:2 | Top

ベルセルクの重大発表

成人式も近いけどたぶん行かない「いずき」です。
考えたらもう20歳なんだよね、もう10代じゃあないんだよ。
切ない。

んで、ベルセルク公式Twitterで、2011年1月8日にベルセルクに関して重大な発表があると予告されていました。
この公式Twitterって事務的じゃあなくてどことなく人間味があって好きなんだよね。
ベルセルクは日本国外のファンも多くて、それらの方々へ向けた英語のメッセージが覚束無いトコとか。

話がそれましたが、本日1月7日、一日早くその「重大な発表」が公開されました。
それも……



ベルセルク劇場版アニメ化決定ッ!!
berserk.jpg




それも原作すべてを映像化だって。
僕はこの発表を知ったとき興奮のあまりクソを漏らした。それくらい衝撃的だったよ。
ベルセルクの溢れ出る迫力をを劇場の大画面で見たかったんだ。
ガッツの大剣で使徒をぶっ殺す場面や、蝕での大虐殺、ボスコーン先輩、モズクズ様のご勇姿。
すべてが大画面で堪能できるだなんて。
楽しみで楽しみで仕方がない。

ちなみにベルセルクを愛読されているお方はご存知のとおり、原作はまだ完結されていない。
それどころか果たして本当に終わるのか危惧されているくらいです。
原作をすべて映像化……。もともと完結されている作品ならまだしも、ベルセルクはまだ終っていないんです。
映画版だけのラストを用意するのか、それともキリのいいところで終わらせ、原作の完結を待つのか……?
キリのいいところなら、断罪の塔あたりでしょうかね。
しかし断罪の塔までするにしても映画サイズにおさまりきるのかねぇ。
何部かに分けて製作……? うーん、まだ情報が少ないぞ。

それに。
ベルセルクはダークファンタジーゆえ、過激なシーンの連発。
序盤からデカヘビ使徒の大勇躍からなかなかアレだし、ナメクジ伯爵なんて間違いなくR-18指定。
そこがいいんだけど、例の都条例の影響がありながら、それらの再現は可能なのか。
蝕も……。うん、蝕もあるし……。
血の表現をぼかしたり、変にソフトな描写にしちゃわないんでしょうかね。

あとあと。
話題性のため声に芸能人使ったり、妙な流行りの曲を主題歌にしちゃわないか、などなど。

原作が壮大がゆえに、壮大にポシャらないかオロオロしちゃいますが、とりあえずは期待したい。
ありとあらゆる山を乗り越えて、偉大なる漫画の名を世に知らしめることを願っています。

    20:25 | Comment:6 | Top

指にトゲが刺さったらバイト休めるという世間の常識がほしい。もちろんちゃんとバイト料もほしい

くだらない教授の自己満足講義が終わって、うんざりとした気持ちのまま帰っていると、前に白いコートを着た黒髪の女の子が歩いていて、追い抜こうとしたらその子が「さむいよ~」と呟いているのが聞こえてしまって「あぁ、この世界も捨てたもんじゃあないな」としんみりしたのでとりあえず結婚してほしい。
どうも、いずきです。

現在2011年。
2010年は既に過去の存在。ねー諸行無常って感じだよね。
お正月は実家でのんびり過ごしました。えぇ。

それで。
1月4日には実家を去り、マンションに戻ろうとしたんだけど、面白いことがあったんですよ。
鍵を忘れたというね、どう? すごく笑えるでしょ?
僕も笑っちゃいました。

仕方ないんで友人のマンションに一泊させてもらったんだけど……。
うん、鍵のかかったドアがたった一枚あるだけで自分の部屋に入れないなんてね、侘しいです。
こう、天の川を隔てて会えない織姫と彦星的な。

新年早々災難に見舞われたのだから今年こそ湯水のようにモテたい。

    17:21 | Comment:4 | Top
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。