あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

叫 さけ び 叫ぶな

貴志祐介の『悪の教典』が届いて狂喜乱舞のいずきです。
前作『新世界より』から結構なインターバルがありましたが、ようやく新刊。
今日は寝ないで読む。ふひひ

さておき。
7月の始め頃からJホラーシアターの5作品がYoutubeで期間限定で公開されています。
『感染』『予言』『輪廻』『叫』『怪談』
最新作である『恐怖』の劇場公開の記念&宣伝のためなんでしょう。
今日は『叫』がアップされ、さっきまで観てました。
『叫』と『怪談』は未見だったからこういう企画は大歓迎です。うれしー

ジャパニーズ・ホラーはマンネリ化していると言いますが、それでも楽しめます。
雰囲気だけでも楽しめればいいかーと居直っています。
けれども気になることは気になるわけで……。

幽霊ものって理不尽系が多く、まず登場人物たちは幽霊どもに一方的に精神的にボコられます。
『ハロウィン』のジェイミー・リー・カーティスみたいに勇敢に立ち向かうこともないです。
廃屋や廃病院に乗り込むときも大抵単独、もしくは2人で、しかも夜だったりします。自分を追い込んでいるもんです。昼間に30人くらいで騎兵隊の如く突撃すればいいのに。
そんなんだと恐くならないのは承知済みですけど。お約束のようなもんですね。

幽霊だって言いたいことがあるなら夜中に寝ている人を怖がらせて曖昧な言葉を言うんじゃあなくて、もっとハッキリ言うべきです。
恐怖のあまり登場人物を固まらせたり、何か言っても中途半端なことしか返さなかったりと……。
『叫』の女幽霊だって「昔、フェリーに乗ってたとき、アタシを見て見ぬふりして助けなかっただろ、そのことで恨んでいるんですけど」というように。
そんなんだと恐くならないのは知ってます。ホラー映画のお約束です。

まぁこういう下らない愚痴を言えるのもホラー映画の醍醐味なんでしょうね。
なんだかんだで楽しめて観られましたし。
『悪の教典』読んできます。

スポンサーサイト
    19:48 | Comment:0 | Top

バック・トゥ・ザ・フューチャー Blu-ray BOXゥゥゥゥゥーーーーアァァアァァーーッ!!!

ちょっと奥さん聞いてくださいよ。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のBlu-ray BOXが発売されるんですと。
おいおいマジかい、テンション上がってヒートアップですよ。


dftr5yhb6ju7ki8.jpg


ジャケットはこのデザインだそうです。

仕様はこれ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100730_384245.html

カウントダウンまで始まってます
http://www.geneonuniversal.jp/movie/sp/bttf-bd/


まさかブルーレイで、3作まとめて1万円以下で買えるとは……
8,500円は非常にリーズナブル 良心的値段でございます…!

これは絶対買う! 食費を削ってでも買う覚悟です。餓死上等ッ!

それで、声優の名前は書いてありませんが、「TV版吹替収録」とあります。
ということは三ツ矢、穂積の吹き替え収録なんでしょう。
織田裕二吹き替えかもしれませんが、それはないでしょう。でも、むしろこっちが貴重かも。

テレビで観て育った身としてはテレビ版吹き替えは嬉しい仕様です。
前に思い出復刻版として、テレビ版吹き替えが収録された限定版が出ました。
もちろん買いましたが、画質がすっごい微妙だったのです。
それでも満足でしたけど、もしこの吹き替えでブルーレイだったらなーと夢を抱いていたところ、今日のブルーレイボックス発売決定のニュースですよ。
ひゃっほうっ! こいつはすげぇぜ!
妙なテンションで突撃でございます。

ブルーレイボックス、10月26日発売です。
Amazonで予約しましたけど大丈夫かな。頼むよAmazon。


最後に一言。
UK限定版だと付録にスポーツ年鑑とかいろいろついてくるのに、
日本版はブックレットだけ。ちょっと寂しいでござる。
……一言じゃないな。

    22:37 | Comment:0 | Top

ブルーレイぷらすDVD

さっきまでNHK教育で放送していた『新ビバリーヒルズ青春白書』見ていたんですけど、ねぇ。
シルバーの迫力のある壊れっぷりはショックでござる。めっちゃ怖い。

まぁそんなことより。
ブルーレイディスクもそれなりに普及しているようですね。
このメディアも登場したばかりの頃は疑り深い目で見ていましたね。胡散臭そうだなんて。
しばらくはDVDで戦える、と思いブルーレイの存在は気になるものの、手をつけてはいませんでした。が、触れてもないのに批判の目で見るのはどうかと思い、『トランスフォーマーリベンジ』をブルーレイで購入し見てみたらぶっ飛んだわけです、はい。
映像だけではなく音響も、なんというかドバッと押しこんで来る感じで正直やられました。

他のブルーレイもいろいろ見てみましたが、冗談抜きでDVDには戻れないレベルです。
もぅね、「ブルーレイ最高ゥゥゥゥゥッ!」ですよ。

旧作映画のブルーレイもたくさん出ていて違いがハッキリわかると感動しますね。
むしろ悪くなってる場合もありますけれども。羊たちの沈黙とか。
『羊たちの沈黙』はむしろDVDがかなり頑張っているということがよくわかりました。

んで。
そんなブルーレイ至上主義みたいな僕ですが、最近はちょっと気に入らないことが。
大したことではないんです、些細なこと……。小指の甘皮ほどの些細なことです。


 なぜ新作映画はブルーレイとDVDがセットになって発売されているのだァッ!


そうなんです。
『第9地区』や、ロバート・ダウニー・Jrの『シャーロック・ホームズ』などを買おうとするとこのセット規格になっているんですよ。いや、何で。誰が得するの。
おそらく、違いを確かめてみて、違いがわかったら、次からはブルーレイを買ってネ☆ というサイレントなメッセージなんでしょう。うん。

違い、わかってるから、ブルーレイだけでその分値段安くして……。
それが僕の願い。以前のシルバー戻ってきて。

    00:06 | Comment:4 | Top

ランプのオッサンが日本語化

近所のパン屋のメロンパンを買い占めてるいずきです。

以前、このブログでも取り上げた『Akinator, the Web Genius』というサイトの日本語バージョンが公開されました。
このブログの記事はこちらでござる
http://iski.blog55.fc2.com/blog-entry-290.html


思い浮かべたキャラクター……実在する人物でも、漫画内のキャラクターでも、オッサンの大体20コほどの質問に答えただけで当てられてしまいます。そういうオッサン主体の面白いけどちょっぴりムカつくゲーム。

日本語バージョンはこちらでごわす
http://jp.akinator.com/


まぁ久しぶりにやってみようかな



safsdiaferfer.jpg


こんな画面が登場。
相変わらずひょうきんな顔をしているオッサンです。
じゃあ、AC/DCのギタリスト、アンガス・ヤングを思い浮かべて挑戦してみよう。
さて、どうだ。



frgf4t53g4t5g.jpg



ふむ……



yunofomu.jpg



ふ、む……



fiveveeee.jpg



おぅっふ……














結果は……













angusgtrge5453.jpg



な、なんですと……っ!










fergferwg.jpg
そしてこの顔





いや、相変わらずこのオッサンすごい。

    22:06 | Comment:2 | Top

ゾンビバラ売り

紙ジャケはディスクの保存に関しては不安定なため苦手ないずきです。
マイルスのビッチェズの豪華版は紙ジャケじゃあなくてデジパックで発売予定っぽい。よかった。

さておき。
『ゾンビ 新世紀完全版』ってのがこの前話題になっていました。
しかし2万円を超えるお買い得な値段のため僕は全力でスルー。
欲しいんだけど、どうせバラ売りするだろー、いやバラ売りしてくださいお願いします、と不安げな毎日を送ってましたが、やっぱりバラ売りするらしい。
10月2日に『ディレクターズカット版』、11月4日に『ダリオ・アルジェント監修版』『米国劇場公開版』と単品で発売されると……。『新世紀完全版』のBOXセットはallcinema SELECTIONのみでの限定発売でしたが、バラ売りは一般的に流通されます。Amazonでも買えるらしいので僕はさっきポチッと予約しておきました。

高額なBOXセットを買った方は怒髪天を衝く勢いでしょうね。
販売元も事情があるんでしょうけど……
まぁねー、お買い物はこわいよね。戦場ですよ、戦場。おっかねぇ。

    22:51 | Comment:0 | Top
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。