あのいまいましいブリッジは? 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

新ビバリーヒルズ青春白書が終わるー

このブログで回ごとにまとめていたアメリカドラマ『新ビバリーヒルズ青春白書』がシーズン5で放送を打ち切ることがわかって数週間かそのくらい。
Eテレでシーズン3の放送が終わって一年ちょっと。一体シーズン4の放送はいつされるというのだ……。

人を轢き殺し思い悩む少女に、その事実を暗に脅しかけ恋人関係を続けようとした野郎や、
お金にものを言わす高慢と美貌を併せ持つ女に、それ以上の高慢さを持つがどうもメンタリティが安定しない姉の悪女、
事故死した人の歌を自分のものと発表するがバレて、浮気相手を潰すためには手段を選ばない落ち目の歌手、
イギリスに生まれ落ちた骨の髄まで変態と被害妄想で凝り固まった性犯罪者の教師や、
登場当初はプレイボーイのマッスルキングダムだったのに突如としてゲイとなったテディベアに、
実の親父にお金を持ち逃げされ、ショーウィンドウに裸で立つミスター・ハンサムや、
人の話を聞かないディクソンに、二人の女性に挟まって頭を抱えるナヴィドンの要塞くんに、
水に恐怖を持ちマリファナか何かで克服しようとしたサーファー少女、
さまざまな騒動に巻き込まれがちで精神のバランスが崩れたら髪の毛をオレンジに染める女の子に、
シーズン1だとレギュラーだったのにシーズン2からメールで一度しか登場しない不運な男の子などなど。
個性的な登場人物がビバリーヒルズを拠点にワイワイガヤガヤするドラマ、面白いです。

このドラマで信用してはならないのが「愛している」という言葉。
「愛している」を言った次の回にはその恋人関係が破綻しているとかザラ。
それぞれの人間関係の中で恋人同士が入れ替わり取り替わりの、結構ドロドロしたものです。

気安く「愛している」という言葉は使うべきではないのかもしれないですけど、
彼らからすると、まさに今……その時には本気で愛しているのですから外からとやかく言うべきではないのかもしれない。
いわゆる、古い歌にあるように「恋は盲目と人は言うけれど、それでも愛することをやめられない」ってやつ。


いや、僕が恋愛を語ることほど滑稽なものは存在しないのでやめておきましょう。
自分でも何言ってるのかわからなくなってきたし……。


ともかく恋愛ドロドロが新ビバリーヒルズの醍醐味と言えるでしょう。
みんな恋愛に必死なのです。
必死が故に、それが元で起こるトラブルの火花は観戦者からすると喜劇めいたものすら感じさせます。
感情移入しすぎて少しキツいところもあるでしょうけどそこは我慢です。
それが新ビバリーヒルズですから(?)


jasupaaaaaaaaaaa.jpg
↑主人公

スポンサーサイト
    13:34 | Comment:0 | Top

新ビバリーヒルズ青春白書 まとめ

新ビバリーヒルズのシーズン3が終わりました。
つーわけで今まで新ビバリーヒルズについて書いた記事をまとめてみます。



新ビバリーヒルズ青春白書2
新ビバリーヒルズ青春白書2 3話

アニー無双

新ビバリーヒルズ青春白書2 4話
新ビバリーヒルズ青春白書2 5話
新ビバリーヒルズ青春白書2 6話「ナイフの男」
新ビバリーヒルズ青春白書2 7話「サーファー・ガール」
新ビバリーヒルズ青春白書2 8話「女たちの嘘」
新ビバリーヒルズ青春白書2 9話「最後のバースデー」
新ビバリーヒルズ青春白書2 10話「さよならを言うとき」
新ビバリーヒルズ青春白書2 11話「鷲は舞い降りた」
新ビバリーヒルズ青春白書2 12話「冬の恋人たち」
新ビバリーヒルズ青春白書2 13話「気まずい二人」
新ビバリーヒルズ青春白書2 14話「ガール・ファイト!」
新ビバリーヒルズ青春白書2 15話「過去にとらわれて」
新ビバリーヒルズ青春白書2 16話「小さな嘘」
新ビバリーヒルズ青春白書2 17話「偽りのカップル」
新ビバリーヒルズ青春白書2 18話「嘘の代償」
新ビバリーヒルズ青春白書2 19話「悩める人々」
新ビバリーヒルズ青春白書2 20話「ジェンの逆襲」
新ビバリーヒルズ青春白書2 21話「届かぬ想い」
新ビバリーヒルズ青春白書2 22話「告白」



新ビバリーヒルズ青春白書3 1話「4年生だ ベイビー!」
新ビバリーヒルズ青春白書3 2話「仕掛けられた罠」
新ビバリーヒルズ青春白書3 3話「眠れぬ夜」
新ビバリーヒルズ青春白書3 4話「オトコを競り落とせ!」
新ビバリーヒルズ青春白書3 5話「こんにちは 赤ちゃん」
新ビバリーヒルズ青春白書3 6話「裸の季節」
新ビバリーヒルズ青春白書3 7話「イギリスから来た男」
新ビバリーヒルズ青春白書3 8話「ママはつらいよ」
新ビバリーヒルズ青春白書3 9話「隠しきれない思い」
新ビバリーヒルズ青春白書3 10話「心の絆創膏」
新ビバリーヒルズ青春白書3 11話「クリスマス狂想曲」
新ビバリーヒルズ青春白書3 12話「嘘つきたち」
新ビバリーヒルズ青春白書3 13話「魂の浄化」
新ビバリーヒルズ青春白書3 14話「裏切り」
新ビバリーヒルズ青春白書3 15話「フクロウを探せ!」
新ビバリーヒルズ青春白書3 16話「あきらめない女」
新ビバリーヒルズ青春白書3 17話「ブルーなナオミ」
新ビバリーヒルズ青春白書3 18話「最高の春休み」
新ビバリーヒルズ青春白書3 19話「ゴミ屋敷の大女優」
新ビバリーヒルズ青春白書3 20話「サヨナラの前に」
新ビバリーヒルズ青春白書3 21話「不確かな未来」



んー。

    23:47 | Comment:2 | Top

新ビバリーヒルズ青春白書3 21話「不確かな未来」

つーわけで今週の新ビバリーヒルズです。
最終回、83分の拡大版でした。シーズン3はこれにて終了です。

シーズン4は本国で放送中……なのかな。日本での放送はいつになるかはわかりません。
なるべく早い段階で放送してくれたら嬉しいです。





ザ・ハビエル! 無駄ァッ!


シルバーの双極性障害の薬を入れ替え、双極性障害を再発させるようドス黒い策を成功させたエイドリアナ。
双極性障害の再発によってこれまでのシルバーとは打って変わって豹変したことにより、ナヴィドはショックを受け、これから彼女を支えていけるのかどうか思い悩みます。
エイドリアナはナヴィドくんを家まで送って行くことに。ナヴィドはヘロヘロと泥酔。
泥酔してしまいナヴィドはベッドに倒れこみそのまま寝てしまう。エイドリアナはナヴィドの隣で寄り添いながら「してやったり!」という顔。
そうです、これらはナヴィドとシルバーを引き剥がし、またナヴィドとのよりを戻そうとするエイドリアナの作戦だったんですね。
エイドリアナってこわいわー。

その夜は、ナヴィドとエイドリアナは何もなかった。
なかったんだけど、ナヴィドはあまりの泥酔っぷりに記憶があやふやとなっています。シルバーを病院に連れて行き、エイドリアナに家まで送ってもらって、お酒を飲んで……そこまでは覚えている。だけどその先のことは……。
それを聞き、すぐさま利用しようとするエイドリアナ。「何も覚えてないの? ひどいわ。キスして、抱きしめて、まだ愛してるって言ったねんな」
もちろん、これはエイドリアナの嘘。ナヴィドはうろたえてしまいます。本当に何も覚えていませんでしたからね。もしかしたら、したのかも……? とね。

で、後日。
入院しているシルバーを支えようとしているナヴィドくん。そこにお花を持ったエイドリアナ登場。
シルバーは歓迎しますが、「キスしてー抱きしめてー愛してるー」のことを聞いたナヴィドくんは微妙な表情。
エイドリアナが登場した後にお医者さんが登場。
お医者さんが言うには、血液検査をしたんだけど薬の痕跡が見られなかったんだってさ。薬が効かなくなったわけではなく、薬を飲んでいなかったんだと。
双極性障害というのは何より薬を飲み続けることが大事らしい。
「いや、飲んでたし」と強く言うシルバーですが、お医者さんからすると血液検査の結果から判断してあんた飲んでないんだからよ、んなこと言われても知らねえよ、という調子でしょうか。
シルバーは「うちに帰って薬を持ってきてみせる」とお医者さんに言います。その必要はないよ、と突っぱねられますが、シルバーがどうしても持ってきたいからと言うので明後日の診察のときにでも持ってきてくれ、となります。
その話を聞きながら「マジヤバいわー」という顔のエイドリアナ。
薬は入れ替えたままになっていますからね。もしシルバーがその薬の入ったケースをお医者さんに見せたら、これは双極性障害の薬ではなく、別の薬だということがバレてしまいます。さて、どうするよエイドリアナ。

どうするかって、愚問にもほどがある。
することはひとつ。既に入れ替えられた薬と、双極性障害の薬をまた入れ替えることさ。
エイドリアナはシルバーにプレゼントを持って来たわ、と家まで行きます。
何も知らないシルバーは嬉々として迎え入れる。プレゼントを渡し、シルバーがそっちに気を取られている間に薬の入ったケースを奪取、持ってきた双極性障害の薬を入れ替えようとしますが手がもたつきうまくできない。
結局、薬の入れ替えはせず、ケースを回収することしかできなかった。でもこれだとまずいんじゃあない?

で、卒業記念のプロムの日。
ナヴィドはシルバーに付き添ってあげたいため、プロムには出ないつもりだった。でもシルバーは卒業記念なんだから出ないとダメと諭され、出ることにします。
「でも君がいなきゃ……」と言いますが「じゃあ、携帯の私の写真を見て、ダンスして、キスすればいいじゃん?」と。
ナヴィドに、ちゃんと薬を飲みなよと言われシルバーはバッチリよーという感じですが、あれ……。前の薬がない? そう、診察の時に持っていくつもりだった薬。捨てた覚えはない。ゆうべは確かにあった。でも、ここにはナヴィドと、エイドリアナしか……。
……まさか?


シルバーに電流走る……!


エイドリアナはまだ私のことを恨んでいて、中身を他のとすり替えたんだ、とシルバーは言う。
だから私から薬の痕跡が出なかったんだと。
しかしナヴィドくんは「彼女だってそこまではしない」と。
お医者さんに薬の効果が出るまではまだバランスが崩れていて、妄想が出るかもしれないと言われていましたからね。ナヴィドもそのせいだと思ったんでしょう。
シルバーも、妄想かもしれない、と疑問は残るものの、エイドリアナを信じたい気持ちと葛藤することに。

プロムにて。
シルバーといっしょに来ていないことにより、一人でいるナヴィドくん。
そんなナヴィドくんに近付くエイドリアナ。覚えていないことをいいことに、キスして愛してるって言ったねんな、あの夜のことから目を背けんなよなーと言うエイドリアナ。
しかしナヴィドくんはうんざりとした表情で言うんですね。「あの夜、僕が何を言ったのか知らないし、そんなことはどうでもいい。自分の気持ちはよくわかっている。心の底からこう言えるよ。僕は君を愛してない」ってね。そうさ、今はシルバーを愛しているのさーエイドリアナなんてどうとも思ってないのさー。
泣きそうな顔のエイドリアナですが、同情はできぬ。

その夜、シルバー宅を訪れるエイドリアナ。お?
エイドリアナは、これ以上あなたに隠しておけない。胸が張り裂けそうで。
おや、薬入れ替えの事を言うのか? とおもいきや……。
「あなたが入院した夜、ナヴィドにキスされたの。私はすぐに押しのけたわ。本当にごめんなさいシルバー」ってバーカ! バーカ! エイドリアナのバーカ!
「彼はあなたを裏切ろうとしたねんな」とねぇ。あんたねぇ……。
さて、シルバーの反応は……?
「信じられない。ナヴィドが憎い」とシルバーさん。あんたねぇ……。
全く、なんだってこのドラマの人たちは、一人の一方的な証言だけを鵜呑みにするのか。
だけど、今のシルバーは精神のバランスを崩している状態ですからね、すぐそう信じてしまうのも仕方ないのかも……?

何より、エイドリアナがゲスすぎる。
ナヴィドをものに出来なかったなら、シルバーと彼の仲を引き裂かなきゃ。そっちだけ幸せなんておかしいよね、あなたも不幸せになろうよ! ってなところでしょうか。
どこまで腐っているんだエイドリアナ……。

ブチギレたシルバーはプロムまで赴き、ナヴィドを問い詰めます。
ナヴィドはすごく飲んでいて、本当に覚えていないんだよと釈明する。
だけど聞き入れてもらえず、「二度と会いたくない」とだけ残してどっか行くシルバー。

さて。
ナヴィドを見捨てたシルバーは、またエイドリアナと素敵な友情を取り戻しました。
シルバーはエイドリアナに「私たちいろいろあったけど乗り越えたよね」とか言う。おばあちゃんになっても友だちだとね。なんか……。
シルバーと別れ、自分の車に乗り込むエイドリアナですが……この新ビバリーヒルズはじまってから一度もなかった奇妙なことが起きます。
というのも、エイドリアナがバックミラーを傾けると、後ろに男が乗っていたんです。えっ、誰?
「きゃー」と叫ぶエイドリアナ。
一瞬誰かわからなかった……。後ろの座席に座っているのはハビエルくん。
誰かって? ハビエルはかつてエイドリアナと組んで曲を発表したり、コンサートをしたりしたハンサム野郎のスター。しかし、ハビエルは事故死し、エイドリアナは彼が持っていたノートに書かれた曲を、自分のものとして発表したんですね。
じゃあ、なんで死んだハビエルがここにいるの? それはわかりません。亡霊として現れたのか、エイドリアナの持つ罪悪感から生まれた幻影か。とにかく、とっても奇妙ですね、これは。
ハビエルは言います。「君は嘘の塊だ」と。「懲りないな、僕の曲を盗んだ時も結局バレた。なのにまた、ナヴィドに嘘、シルバーに嘘。こんなことをして最後はどうなるか分かっているのか?」
しかしきっと何もかもうまくいくはずだと言うエイドリアナですが、ハビエルは「それはない。うまくいかない」と。
そう言ってハビエルは、フッ、消えた。
変な感じだ。

で、後日。
アイヴィーとラージが結婚することを決めたので、独身お別れパーティにて。
リアムやディクソンらが悪ノリで呼んだ、男性ストリッパーが踊っているときのこと。
テンションが高いナオミは「アニー、彼のパンツにチップを挟んで」と言いますが、アニーは「全部100ドル札だよ」と。
細かいの持っている人いる? とナオミは言い、エイドリアナが「バッグに入ってる。使って」
おい、エイドリアナさん、いいのか。
ナオミはストリッパーと共にイェーイ、ウォウウォウウォウとかやりながらエイドリアナのバッグを回しました。
回していると落としてしまい、バッグの中身が床にぶちまけられる。と、ぶちまけられた中身には、薬のケースが……。
それを拾ったナオミは「あれ、これシルバーの薬よ?」


……。


その場にはシルバーもいて、これヤバいマジヤバいという表情のエイドリアナですけれども、今更遅い。
薬をすり替えたことがバレてしまった。
エイドリアナは必死に言い訳を重ねます。なんで私のバッグに入っていたのかわからないと。
「嘘つき。あんたまともじゃあない」とシルバーに言われ、「僕とも何もなかった」とナヴィドに言われ、「帰ってちょうだい。エイドリアナ、帰るのよ」とナオミに言われ……。
ダメだな、もう。
しかし、その場に居合わせた中で状況を把握していないストリッパー、テリーくんはどういうこと考えていたんでしょうね。
なんで揉めているんだろう、とか考えていたのでしょうか。

そういうわけで。
エイドリアナの悪行がすべてバレてしまった。
エイドリアナは暗い暗い自分の部屋で泣いていると、椅子にハビエルが座っていて「言いたくはないけどさ、やっぱりこうなった」と言う。だからあんたはなんなんだよ。
「みんなに嫌われちゃったな?」
「許してくれるわ」とエイドリアナは言いますが「本気か?」とハビエル。「シルバーとは長い付き合いなのよ、おばあちゃんになっても友だちだわ。乗り越えられる。きっとね」
それを聞いたハビエルは皮肉げに笑いました。

エイドリアナのやったことがわかったため、ナヴィドとシルバーはまた恋人同士に戻ります。
アイヴィーとラージのインド式結婚式にて。
出席していたシルバーにエイドリアナは謝りますが、許してくれない。そりゃあ、ね。
シルバーからするとせっかく結婚式という幸せな場に来て嫌な顔を見なくてはいけないだという感じですね。
楽しそうにしている皆を遠目で、崖の上から泣き顔で眺めるエイドリアナ。
と、そこにハビエルの幻影が登場。
「何もかも壊しちゃった。私にできることはなにもない」と嘆き悲しむエイドリアナにハビエルは優しく言います。「それは違う。できることはあるよ」って。と、言うと?
「事態を好転させるには、一歩踏み出すこと」
そう、ここは崖の上。一歩先は……?
「すべてはうまくいくんだ。君が死ねばみんなが幸せになる。世界がより良い場所になる」
え? エイドリアナ、死ぬの? エイドリアナ……死ぬの?
ハビエルの幻影に後押しされますが、エイドリアナは踏みとどまります。「私、死にたくない」
ヤメローシニタクナーイ。
エイドリアナは「私、もっといい人間になる」とぬかす。まるで今までいい人間だったみたいな言い方だな。
ハビエルの幻影は消え、「諦めないわ」と何かおぼろげな意思表示をしたエイドリアナ。
んー。



結婚しよう。きっとうまくいくはずさ


重い病気を抱えているインド系アメリカ人の大学生、ラージ。
前からアイヴィーと付き合っていますが、その病状はあまりよくない。死への一歩前という状況。
アイヴィーはラージを支えようとする。その意思はダイアモンドよりかたい。

アイヴィーが卒業するので、いっしょにプロムに出ることにします。
そこでアイヴィーの知り合いらしき女性二人が「アイヴィー、ハーレーのメンバーに選ばれたって?」と。
「雑誌の表紙になるかもしれない、世界中でサーフィンできて、きっと有名になるわね。ロックスターと付き合ったりするのよ」と話しかけられる。
その光景を一歩下がったところで見ているラージは悲しげな顔。
明るい未来が約束されたアイヴィーですけど、自分は重い病気に侵されていますから、こう……。
アイヴィーはそれに浮かれているわけではなくて、本気でラージを気遣っているのですが……。

ラージはそんなすばらしい未来が待っているアイヴィーに、自分の犠牲になってほしくないという思いから遠ざけようとします。
しかし、アイヴィーのラージへの想いはオリハルコンよりかたい。
愛しているから、ずっといっしょにいたいんだ、とね。
そういうことがあって。
二人は結婚することを決めます。
ラージの両親は賛成しますが、アイヴィーの母親……ロイヤルだかロイヴィーだか(名前忘れた)は結婚に反対。
でも二人の結婚を曲げることはできない。
ラージの両親はインド式の結婚式を希望し、ナオミプロデュースの盛大な結婚式が開催されました。
アイヴィーの母親は、結婚に反対していますから、結婚式には出席しません。だけど、ディクソンの説得によって考えを変え、アイヴィーの結婚を応援することになります。アイヴィーがヴァージン・ロードを歩く直前にて駆けつけることができました。

あと。
このインド式の結婚式は生粋のインド人からするとどう映るんでしょうか。
ほら、アメリカの映画で日本文化が表現されたりすると、どうも日本人の僕らからすると変に映って、“なんちゃって日本文化”に感じることがあります。
このインド式結婚式はどうなのかなあ。

あっ、ローレルだった。



たとえそれが気に入らないタンバリンだろうとたたかせてあげる。それが“愛”だ!


家庭の経済的な状況から、アニーとディクソンの兄妹はそれぞれ決まった大学に行くことが難しいことになりました。
しかし、アニーは前に亡くなったマーラにたくされたペンダントを売りに出します。いいのか?
売りに出したら相当なお金になったようで、大学進学は心配しなくてもいいよってことに。
と、そこに。
どうやら亡くなったマーラの遺書から、財産はすべてアニーに捧げられることになりました。
おや、すごい。

さておき。
アニーは希望通りの大学に行けることが決まったのですが、ボーイフレンドのリアムは?
進学先に受かったものの、リアムは前々から進学に疑問を持っていた。大学に行って、自分が何をしたいのかわからなかったのかな。
ですから、リアムは自分は進学しないことをアニーに告げます。
アニーは進学してから二人のことについて話しあったのに、これまで嘘をついていたリアムに怒ります。

リアムは進学することをやめましたが、早業で仕事を見つけました。
海が好きだから、遠洋漁業の船に乗ると。楽じゃあないけど稼げるらしい。
それで、二三ヶ月、これからどうしたいのか海の上でじっくり考えると。
しかしアニーはそんなリアムを理解できず、二人はその破局同然に。

だけど。
アイヴィーとラージのインド式結婚式で、アニーはアイヴィーの母親の「愛する人が選んだ道に賛成できなくても、その人なりのタンバリンを叩かせてあげるの」という言葉にハッ、とします。
出発前のリアムに駆け付け、彼を応援することを告げました。
さてさて、この関係がシーズン4でも続くのか。続いてほしいです。



不正? んなこたァ断じてやっちゃあいないぜ!


ナオミとマックスくんとカップル。本当にいい感じに続いています。
イーサンと付き合っていたときや、リアムと付き合っていたときよりも、ナオミは幸せそうですし生き生きしているように見えますね。きっと最高の人とくっついたのではないでしょうか。

さて、そんなナオミですがピンチです。
どういうピンチかというと、卒業のピンチです。
ナオミはカリフォルニア大学への進学は決まりましたが、高校を卒業するには単位がギリギリ、落第寸前。
古代エジプトに関する発表も乾燥肌予防の話に終始したんだと。ナオミ何やってるん。
とあるレポートを明日までに出し良い点を取らないと夏は補修を受けることになる。つまり卒業できないってこと。卒業できなければ、カリフォルニア大学にも行けない。まいったね。
マックスくんは君ならきっと書けるさ、とナオミを励まします。

レポート完成のためにマックスくんはナオミの近くに付き添います。
ナオミの「私、10ページも書けない」という言葉にも「10ページって考えちゃあダメ。1ページを10枚って考えるんだ」とポジティブに返す。「わー大変そう」という言葉にも「じゃあ、二分の一ページを20。それか、八分の一ページを80枚だ。それか間を取って、四分の一ページを40」
マックス節が炸裂。それにナオミは励ませられ、レポートを書き始めます。

レポートの内容はかなり大変そうですが、マックスくんの元気づけも手伝っていたって順調に進んでいます。
明け方には完成し、マックスくんに見てもらうナオミ。
出来はとてもいいようで、「きっとAが取れるよ」とマックスくんに言われます。
でまぁ、レポートは提出したのですが、ここで問題が。

プロムにて。
クイーンに選ばれてすっかり舞い上がっているナオミ(ちなみにキングはテディ)ですが……。
プロムに名前も知らない教師がやってきます。
教師はナオミに「予想外だったね、素晴らしいレポートだ」と褒められた……のではなく、素晴らしいレポートだったからこそ問題だった。つまり「君が書いたんじゃあない」とね。
教師曰く「よく書けてた。鋭く示唆に富んでいる。君が書いたはずがない」
しかしナオミは徹夜して全部私が自分で書いたのだと主張します。確かに、ナオミはズルをせず、すべて自分の力で書き上げました。
「今度、校長同席で話し合おう。プロム楽しんで、卒業式は楽しめないだろうから」とムカつく顔でぬかしやがる教師。
これはまずい。

ナオミはマックスくんにこの事を伝えます。
するとマックスくん、すごくうろたえている。……ん?
どうやら、マックスくんはナオミが寝たあと少しだけレポートに手を加えたらしい。
スペルミスを直すとか、そんなちゃちなもんじゃあない。文章の構成を整えて、論点をより深めて……あと新しい意見も加えた(かも)。それって全く別のレポートじゃあないっすか。
ナオミのレポートは十分な出来ではあったものの、ちょっと粗削りで心配になったんだと。それもあるでしょうけど、マックスくんの内にある知的好奇心が湧き上がったんでしょう。
ナオミは「なんでそんなこと」と静かに怒り逃げるように去って行きました。
あぁ、終わりなのかな……。

で、その校長同席の話し合いの日。
それまで待機するナオミとマックスくん。意外とナオミは落ち着いている。
「私が怒っているのは、私が書いたままじゃあダメだと思われたこと」なんだって。「私をバカだと思っている?」
「いや、頭が良いと思ってる。本当だよ。君は愉快だし、洞察力があって、正直で。君の脳みそ大好きだ」
の、脳みそ……? 『バタリアン』かよ。
ナオミも「私の脳みそ?」と変な顔をします。マックスくんは続けて「愛してる」と告げる。
それを聞いてナオミはいささか面食らいながらも嬉しそうにします。そういうわけで、ナオミはマックスくんを許しました。

思うんだけど、アメリカにおいての「愛してる」というのは特別な言葉なんでしょうか。
前にも「愛してる」という言葉に「さっき愛してるって言った?」と聞き返したりして、まるで想いを伝える上でこう、特別な……?
まぁいいや。

と、許したところで作戦会議といきます。
ナオミは、向こうは疑いを持っているだけでズルした証拠を握っているわけじゃあない。
証拠がなきゃ処分はできない、と。そうですね、疑わしきは罰せずというやつです。
世の中、確たる証拠がなきゃあ人は裁けないし、歴史的事実を語ることはできないんだぜ? ハッハッハッ。

で、校長同席の話し合い。
アニーとディクソンのお父さんのハリー校長先生は既に辞めていて、それに変わり名前も知らない年取ったオバチャン校長先生がナオミとマックスくんを問い詰めます。
「明らかに不正があった。さて、どちらなんでしょうね? 嘘つきとの評判があるプロム・クイーンがボーイフレンドのレポートを写したのか、または優秀な成績を誇る今年度の卒業生総代が彼女と共謀したのか?」と校長先生はムカつく顔でぬかします。「ナオミィ~正直に認めたら?」って、この校長先生うっとうしいな。ドタマの上にタライ落としたい。
何も言わないので、校長先生は、どちらも名乗りでない場合は二人とも関わったと見なして退学にさせると。こういうやり方はフェアじゃあない。全く厳しいな、おい。
それを聞き、ナオミは全部自分がやったのだと証言します。
マックスくんは止めようとしますが、ナオミは言わせてくれない。
それを聞いて校長先生は「最初から正直にそう言えばいいの」とぬかしますが事実は違うんですけどね。すべてお見通しだというようなツラがムカつきます。
ナオミは退学処分となりました。

それで、卒業式。
校長先生の長ったらしくて中身のないつまらない話が垂れ流されています。
その校長先生に呼ばれ、卒業生総代としてマックス・ミラーが前に出て話をすることに。
話をしているうちに、参列者の中にナオミの姿を見つけ、しばらく目が合ってしまいます。ナオミはマックスくんにがんばって、というように微笑みかけますが……。
耐えられなくなったマックスくんは「僕にこんな資格はない」と。「不正をしたのは僕です。ナオミじゃあない。僕は学校の規則を破りました。すみませんでした、僕じゃあなくナオミを卒業させて」と言い残しマックスくんはその場をあとにしました。
ナオミはマックスくんを追いかけ「こんなことしなくてよかったのに」と言いますがマックスくんは「よくないよ。僕は君にふさわしい男になりたい」ってね。かっこよすぎるよ、マックスくん。

すごくいい感じですけれども、マックスくんは退学。ナオミは復帰し卒業できることに。
ナオミがアイヴィーの結婚式のために準備をしていると、そこにマックスくんがたずねてきます。
マックスくんの親はかなり怒っていて、ナオミが悪影響を与えたと思われて会うのを禁じられてしまったらしい。
じゃあ、こっそり会えばいいわとナオミは言うけど、そういうわけにはいかない。
マックスくんはサマー・プログラムに行かされ、うまくいけば秋からMITに行ける。
じゃあ、どうなるの、と。もう私たち会えないの、と。
マックスくんはナオミを抱きしめて「本当にごめん」と告げ帰って行きました。
あれ……これで終わりって悲しすぎない?
ナオミ、かなり悲しそうに泣いていましたし……。

その日の夜。
ナオミはこっそりマックスくん宅をおとずれ、二階の窓に小石をコン、コン、と投げ入れます。
マックスくんを呼んでいるんでしょう。アメリカの青春映画にはこういうシーンよくあるよね。よくある、といっても具体的なタイトルは思い出せないけど。
マックスくんはそれに気付いて下に降りてきます。
「うちに来ちゃまずいって」とマックスくんは小さな声で。ナオミも「わかってる。ごめんなさい」とどうやらわかっているらしい。
親に見つかったら大変なことになりますが、ナオミは大事な話があってここに来た。
アイヴィーとラージのインド式結婚式でブーケトスがあって、そのいざこざでピンヒールが腕に刺さってしまった。
病院で破傷風予防の注射を打つ時、血液検査をさせられたんだけど……。妊娠してた。



……。



…………。



………………。





は?





今週の新ビバリーヒルズはこんな感じです。
なんか長くなってしまった。要領よくまとめる術(すべ)を修得したい。

シーズン4の放送を心待ちにしています。
じゃあ、またいつか。


9021033.jpg

    23:45 | Comment:6 | Top

新ビバリーヒルズ青春白書3 20話「サヨナラの前に」

最近は『ラヴクラフト全集』をまた一から読み直しています。
大学一年に読んだ頃は読みにくいなーと悪戦苦闘していた思い出があるのですが、今は割と自然な流れに任せるようにスラスラと読んでいます。不思議なものです。しかし文章はごちゃごちゃしているなとは思います。
このブログで紹介したい思いはあるものの、名状し難き畏敬の念によって私の文章を大いなる混迷の渦に陥れるのであった。

さておき。
今週の新ビバリーヒルズです。



私のテンションについてきな!


エイドリアナがシルバーの双極性障害の薬と何かの薬を入れ替えたあたりから、シルバーの様子がおかしくなった。
シルバーは髪をオレンジ色に染め、いつでもハイテンション……高揚状態を維持し続けています。
どうしたんだ、シルバー。何をしたんだエイドリアナ。

当のシルバーですが、面接を終えてから「ニューヨーク大学に受かったのは間違いない!」といった様子で自信満々に友人連中に語ります。
そんなシルバーを見ながら心配げに表情を曇らせるのはナヴィドンの要塞くん。
シルバーの状態が常軌を逸しているのに気づいているのです。

それで。
シルバーが電話に出ないからどうしたのかなーと自宅を訪ねるナヴィドくん。
すると真っ暗にした部屋に、これまた暗い顔をしたシルバーがいたので話しかけてみると「もう人生終わり」といったようにもう絶望状態。
どうやらニューヨーク大学には落ちてしまったようで、絶望状態なのはそのため。
ナヴィドくんは励まそうとしますが全然耳を貸さないシルバー。キーキーわめくのではなく、低い声でヒステリックな感じにナヴィドくんに食ってかかります。
ここで確認。ナヴィドくんは「ちゃんと薬飲んでる?」と。ハイテンションとの落差が激しいから心配で。
しかしこれにも耳を貸さないシルバーは「病気のせいだって言いたいんでしょ? 顔も見たくない出てって!」とナヴィドくんを追い出すという……。これは……。

ナヴィドくんは友人のディクソンの協力を得てシルバーを医者に診せようと病院まで連れて行きます。
シルバーは「病気じゃあない、ひどいよ」と必死に拒絶しますが、ナヴィドくんとディクソンの懸命な説得によって折れ病院に入ることに。
で、シルバーが寝静まり付き添っているナヴィド。
診察したお医者さんによるとやはり双極性障害が再発したんですと。
夜も遅いから帰るようにお医者さんに言われると、そこに登場したのは……エイドリアナ。
「シルバーがあんなことになって本当に残念だわ」とかぬかしやがるこの女。
ナヴィドとハグしながら一瞬だけニヤリ、と口元を歪めました。ってクソッタレ!!!
たぶん、これナヴィドくんを取り返すためのエイドリアナの作戦だったんでしょうね。
これからナヴィドくんがどっちに行くかはわからないけど、エイドリアンに行くとなるとかなしいな。
この醜悪女は……。ジェンよりひどいよ。



遠距離恋愛はつらい


高慢リッチなナオミと秀才オタクなマックスとのとてつもないギャップを秘めたカップルが爆誕。
ナオミはずっと前からカリフォルニア大学を志望しており、一時はその大学への進学へは絶望的とまで指摘されましたが……なんと合格。
よかったね、ナオミ。
それでマックスくんが志望していたのはMIT……マサチューセッツ工科大学です。そっちも合格。天体物理学科は世界でもトップレベル、ずっと憧れていた大学なんだって。
いいんだけど、ここで少し問題が。
カリフォルニア大学とマサチューセッツ工科大学。そう、距離が遠い。
ナオミは「私たち遠距離恋愛になっちゃう」と憂いを帯びた表情。マックスくんはとりあえず頑張ってみよう、と言いますがナオミは反発「何なの。続かないと思っているの?」
マックスくんが言うには、「僕の中のロマンチストは遠距離恋愛でも関係ないと思っているけど、僕の中の科学者はデータ重視で、統計的には僕らの年頃の遠距離恋愛成功率は低い」と。
しかしナオミは違う。統計ではそうだとしても私たちは違うんだぜ?
マックスくんはナオミのことは大好きだと思っていますが、やっぱり遠距離恋愛となるとつらしい不安らしい。
とりあえずは一緒にいる時間を大事にしようと告げ、ナオミは同意します。

全く僕も進学や就職の都合で遠距離恋愛になってつらい思いしてみたいよ。
つらいけど共に遠距離の逆境を乗り越えたりしてみたい……んだけど、相手がいない。
つらいです……。

さておき。
ナオミはアニーに持ちかけられた映画を観に行くお誘いに、マックスくんも一緒に来てくれないかとお願いする。
だけどマックスくんは友達とゲームをする約束があるから無理だと断ります。
ナオミはすごく不満顔。マックスくんは友達だよ、卒業したらバラバラだ。ナオミは、それは私たちもよ、と反発。
マックスくんは「別にないがしろにしているわけじゃあないよ、ただ実際……」と優柔不断ぶりに磨きをかけますが、ナオミは「たかが統計でしょ」と吐き捨てるようにセリフを残し去って行きました。
去っていく際に、ナオミが紙切れを落としていった。どうやら願書であるようで、志望先はボストン大学。
ボストン大学は、マサチューセッツ工科大学の近くにある大学らしい。おや?

んで。
マックスくんはついてこないものの、一応はアニーのお誘いに乗って映画を観に行くナオミ。
アイヴィーはラージと、アニーはリアムと来ているのに自分だけパートナーはいない。
映画が終わってパーティになってもパートナーがいないもんだから居心地が悪そうなナオミ。
かなり寂しそうな表情には憐憫の情を抱かざるを得ないっ……!
と、そこにマックスくん登場。マックスくんの姿を見てすごく嬉しそうに顔をほころばせるナオミかわいい。

マックスくんはナオミを連れて、とある建物の屋上に。
そこには望遠鏡があり、マックスくんは少々調節してから「よし、どうぞ。見てよ」
ナオミは「別の望遠鏡を見せたいんじゃあない?」と下ネタで応戦しながら望遠鏡を覗き「私、何見てるの?」と尋ねる。
「それは僕が行く大学だよ」とマックスくん。「通称カル・テック。カリフォルニア工科大学だ。カリフォルニア大学の近く。君の近く」
なっ……!?
「前はMITが第一志望だったけど、今は君だ」ってウワアアアアアアアアアアアアアアア
そういうセリフ言ってみたいわウオオオオオオオオオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!

だけど、破局したらどうなるんだ?
いや、それを言うのは野暮ってもんだ。

志望校を変えたがカリフォルニア工科大学も相当なレベル。
やっぱりマックスくんはすごい。



ジェン帰還


五ヶ月も息子をほったらかしにしていたジェン様が帰ってきた!
それだけ!



最高の花道だった


アニーを自分のアシスタントとして雇ったマーラという名のかつての大女優。
雑然とした家の中を整理するよう仕事を頼まれ、しっかりとこなすアニー。
整理するうちに安楽死に関するパンフレットを見つけてしまう。

アニーはマーラに自殺するつもりなのか尋ねます。
どうやらマーラはアルツハイマー病らしくて、その病気はじわじわと進行し、セリフを覚えられなくなり運転の仕方を忘れる。さて、次に忘れるのは?
その話を聞いていると本当におそろしい病気なんだなと思い知らされます。そりゃあ怖いですよね……。
「自分を失う前に尊厳ある死を迎える方法を知りたがるのがそんなに悪いことだと?」とマーラはアニーに問う。

アニーはそんなマーラを見て心底心配そうにしている。
なんとか助けたいと、家に引きこもりっぱなしで世捨て人暮らしのマーラを外に出すため尽力します。
いくつかあるイベントのうち、かつてマーラが主演をつとめていた映画の特別上映会に行くよう誘う。
マーラは乗り気ではなかったもののアニーの説得と笑顔によってオーケーします。

アニーはリアム、アイヴィーとラージ、ナオミを誘ってリムジンでその特別上映会に向かいます。
しかしリムジンの中ではマーラとの会話は全然弾まず、そっけない返ししかよこさなかったりととても気まずい。

で会場につくとマーラのファンらしき人だかりができていて、マーラはまんざらでもなさそう。
映画がはじまり観客のみんなはスリル満点の内容に集中してそれでも楽しそうに観ます。
アニーやリアムも楽しそう。
映画が終わると観客総立ちで拍手と。マーラも嬉しそうでございました。
しかしこの映画、60年代製作の割には映像が不自然なほど新しいですよね。現代のリマスター技術ってすごい。

映画が終わってからのパーティではマーラはアニーに感謝の言葉を述べ、オスカーの授賞式につけていったペンダントをアニーに譲ります。
そして後日、マーラを訪ねるアニーですが、そこには書き置きの手紙が。
そこにはアニーへの感謝の言葉と、最後には「これ以上ない最高の花道よ」と綴られている。

……。
アニーはあわててマーラを探しますが、二階のベッドで何かを見つけ大泣きしていたけど……。
うーん。
今思うと、家の中のお片づけを頼んだのも身辺整理のためだったんでしょう。
自ら命を断つことを決めていたから……。



今週の新ビバリーヒルズはこんな感じです。
来週3月31日放送の新ビバリーヒルズ21話は午後10時から午後11時23分までの拡大版、最終回です。
さて、どうまとめられるのか楽しみですね。

    17:17 | Comment:4 | Top

新ビバリーヒルズ青春白書3 19話「ゴミ屋敷の大女優」

そういうわけで今週の新ビバリーヒルズです。
アレックスかわいい。シルバーの髪が変。そんな話でした。





最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハハーッ


グリグリグリ
さて、エイドリアナはシルバーと仲直りをしたフリをして、こっそりとシルバーの双極性障害の薬を、持ってきた何かの薬と入れ替えました。
何の薬と入れ替えたんでしょうね。
で、その薬を知らずにキメてしまったシルバーは冒頭からテンションが高いです。最高に「ハイ」ってやつですね。
歌に合わせてブラシをマイクに見立てて歌ったり、踊ってみせたり……。
まぁ、そこは、いい。誰だってすることですから。……するよね?

ちょっとおかしいなー、変だなーと思ったのが、シルバーが髪をオレンジに染めたあたり。
“オレンジ”というより、非常にレッドに近い“オレンジ”といった感じ。
……いや、オレンジに染めるだけでおかしいと決め付けるのはまずい。
そうじゃあなく、どうも言動から仕草まで、シルバーらしくなくはしゃいでいる……というか。
とにかく普段のシルバーから逸脱しているようなのです。
そんなシルバーと話したナヴィヴァヴィヴァくんも、ちょっとおかしいなー、変だなーと表情に出ています。

さて、シルバーが志望していたニューヨーク大学から面接の連絡がありました。
ヒャッフゥーッ! と喜ぶシルバーなんですが、このヒャッフゥーッ! もなんだかおかしい。
その面接にはその髪の色のままで、ちょっぴり派手なファッショナブルな格好で行くらしい。
それにさすがのナオミも「それで行くの?」と心配するが、「アーティスト志望だからアーティスティックな格好でオッケー」とテンションが高い。
ナオミは眉をひそめつつ心配げな表情。

それで、面接に原付バイクで向かうシルバー。BGMはT.Rexの『ゲット・イット・オン』。げりろ~んばがご~んげりろぉ~ん。
しかしバイクがガス欠でイカれてしまった。
仕方がないから走るシルバー。『ラン・ローラ・ラン』かよ。
と思ったら面接でもその映画が話題に出ました。
面接相手のクリストファーって人と映画の話で盛り上がります。もちろん、ハイテンションで。クリストファーって人はクールですが。

面接が終わってもはしゃぎまくっているシルバー。
おかしいのがここがピーク。終わったあとでも、おそらく寝静まっている時間であろうとも、クリストファーさんに何度も電話をかけ(留守番電話ですが)「面接楽しかったです!」だとか「実は『ブラック・スワン』の映画は」などと何度も何度も……。
エイドリアナよ、何の薬を入れ替えた?



地質学サイコー


お互いの関係は隠すよう協定を結んだナオミ・クラークとマックス・ミラー。
ナオミからすれば秀才タイプのマックスくんと付き合っていると知れたら自分の株に関わるし、マックスくんからすればモテモテの豪奢にキメたナオミと付き合っていると知れたら居心地の悪い状況になってしまいます。
でもお互い、そうやって隠れて付き合うことこそ辛くなってきました。

それで。
ハイスクール対抗で文学やら科学やらの知識を競う「アカデミック選手権」というイベントが開催されます。
ウェスト・ビバリー・ハイスクールからはマックスくん率いる「ワイルド・キャッツ」のチームが出場。三年連続優勝を狙います。
そういうのにはまるで興味のないナオミですが、自分のボーイフレンドが出場するとなれば話は変わってくる。
応援する気マンマンです……が、そのチームにアレックス・スカボローという名の女性も入っていることに気付く。
アレックス、そういえば、前にマックスくんが男女の関係を持った相手……だったっけ?
そこらへんよく覚えていませんが、チームの紅一点であるアレックスが気になるナオミさん。
ナヴィドを呼んでアレックスとはどんなヤツなのか探りを入れます。
「頭いいよ。本物の天才」と聞かされますが「ファッションに関しては違う」と対抗意識を燃やすナオミ。
アレックスはとてもかわいいし、オックスフォードかハーバードか迷っているほどの成績を残し、ディベートもチェスもうまいときている。まさに容姿端麗、才色兼備の女の子。自分とは全く対照的な魅力を持っている女性の存在に嫉妬をむき出しにするナオミさん。
さらにその「アカデミック選手権」のイベントも無視はできない。
ナヴィドくんが言うには、その大会が終わったあとのパーティがクレイジーですごいらしい。勉強一筋だった連中がホテルでハジけるとなれば、男女がみんなくっつく……とか。“ガリ勉の乱痴気騒ぎ”ってね。
大げさに言っているのか、誇張無しにその通りなのかはわからないけど、アレックスとその大会の存在を脅威に感じているナオミさん。
もしマックスくんとアレックスが……。そんなことはさせねぇっ……!

そのアカデミック選手権にマックスくんには内緒でこっそり見に来るナオミ。場所はナントカってホテルの会場です。
この大会はハイスクール対抗。一校から四人出場の四対四。クイズ形式の問題を出し、早押しで回答権を取ることができる。
問題のレベルは高く、僕みたいなやつには全然わからない。
たとえば生物の問題ではこんなの。


【問題】
1.十二指腸、空腸、そして腸骨は何の部分?
2.分類学上、カタツムリやナメクジが属するのは?
3.コケ植物が有性生殖する際、配偶子が合体して出来た接合子は何になる?
4.真核細胞の中でクレブズ回路が行われるのは?


【解答】
1.小腸
2.腹足類、または腹側網
3.胞子嚢
4.ミトコンドリア・マトリックス


うーん、わからん。
とにかく、決勝進出を決定する対戦で勝つことができたマックスくん率いるワイルド・キャッツ。
見ていたナオミはまんざらでもなさそうですが、「やったー!」というように抱き合っているマックスくんとアレックスの図に悔しそうな表情を浮かべます。
マックスくんとアレックスを尾行していると、とある一室に入っていくのを目撃し「冗談じゃあない!」と剣幕を変えて部屋にぶちかまし、「彼に近づくなオラァッ!」とこわい顔でアレックスに迫ります。
え? え? え? とナオミの剣幕に怯え、おぼつかない足取りで後ろにさがるアレックスかわいい。
「覚えておいて、ガリ勉クソ女。私の彼氏に近づいたらあんたの首をオックスフォード、残りをケンブリッジに送ってやるから! 今度彼を見たら、あんたは死ぬ」と恫喝する。
豆腐メンタルのアレックスはナオミの凄まじい恫喝に完全にやられ、泣きながら部屋を出ていきました。

「えぇーっ!? どういうつもりだ!?」とテンパるマックスくんに「あんたあの女とこの部屋で何をしようとしていたんだよオラァッ!」とナオミ。
いや、勉強です。と、ベッドの上を見てみるとさまざまな本が散らばっている。
ここはチームの部屋で最後の追い込みにきたのだとか。まったくもう、早とちりねぇ、ナオミ。状況を理解してようやく我に返ったナオミは「えーと、決勝進出おめでとう」と。
ナオミからすれば、マックスくんとコソコソ付き合ってみんなに嘘ついて二人のこと誰にも言えないだなんて耐えられないらしい。だから頭が混乱してあんな行動に出てしまったんだとか。

で、騒ぎを知って部屋に入ってきたのはマックスくんの友人でありチームの一員でもある野郎二人。
野郎二人によると、アレックスは理性を失ってチームを辞め、ロスに向かってしまったとのこと。
やばいやばい。これはやばいよ。チームは四人いないと失格になってしまう。うわー、マジやべぇわー。
HAHAHA そんなにパニクることか? 応援に来ているうちの生徒に代わりを頼めばいいよとマックスくんは言いますが、「ルール知ってるだろ? チームには女子がいないと。でも応援に来た中に女子はいない」と指摘されてしまう。って、チームに女子がいないとダメって変なルールだな。
もう終わりだと絶望的でトホホな状況に。あぁ、これはもう
ワイルド・キャッツ ─── おわり ───

いや、終わらない。
「あ」と何かに気付いたマックスくんはうなだれているナオミをじっ、と見つめる。
……まさか。

そう、ナオミが参加することになりました。
いつもは自信たっぷりなナオミもこういう分野に関してはダメであることを自覚しているようで「大統領の名前もろくに知らない」と。「正直言って重力が何かもわからないんだから。確かリンゴと関係が」
大丈夫かなぁ。
マックスくんは「黙って座っていればいい」と静かに優しくささやきますが、その表情にはかすかな不安が。
それではじまる問題ですが、テーマは「帝国と植民地」。うーん。日本史以外はほとんど全然ダメな僕にとっては……いや、僕がわからなくてもいいんだけど。
さて問題。「歴史学者たちの間で史上初の帝国と一般に考えられている帝国は何でしょうか?」。
えーと、大日本帝国? わからん……。
「わかんねぇなー」という顔のナオミは空を見つめていますが、なんとなく顎に当てていた手を下ろしたところ、ブザーに当たって回答権を得てしまった。
「あっ、ごめんなさい。今のは事故」と弁解するナオミですが、事故だろうがなんだろうが押してしまったら答えなければいけない。もちろん、間違えたら減点ですよ。「あ~、ローマ?」と答えるナオミ。もちろん不正解。正解は対戦相手の高校に「アッカド帝国」と答えられてしまい、結果は正解。あーらら。
おいおい、大丈夫かよ。先が不安なマックスくんと野郎二人。

なんとかマックスくんと野郎二人の力で最終問題まで持ち込みました。
ウェスト・ビバリーが正解すれば優勝、不正解だと相手高校にチャンピオンの座を譲ることになってしまいます。
その問題は「サン・バルテルミはセントバーツとも呼ばれていますが、カリブ海の島でフランス領です。さて、セントバーツに紋章に書かれているフランス語ではない言葉は何語でしょうか?」。うーん、わからん。
当のナオミは「あっ、私わかる!」と言いますが、マックスくんは「君は黙ってて。確か……」と野郎二人と相談し全然かまってくれない。
どうやらナオミはその場所に休みを使って何度も行ったことがあるんだとか。ビーチにトップレスになってマッサージを……って。
「聞け」とマックスくんに有無を言わさないナオミ。「トップレスは気にしないで、マッサージ師のピエールはゲイだから」と。
「でもある日、代理のオラフが来たの。ブロンドで、ごついストレート。最初は嫌だったけど、おしゃべりを始めて……私、言ったの。「カリブ海でオラフなんて名前珍しいね」ってね。そしたら、先祖が昔、移住してきたって。彼こう言ったわ。はっきり覚えてる。「この島は昔、スウェーデンの植民地だった」。だらか答えはスウェーデン語よ!」
が、しかし野郎二人は取り合わない。先住民の頃まで遡るんじゃあない? アメリカン・インディアン語だ、と。
しかしナオミは「スウェーデン語よ。筋が通ってるでしょ?」と持論は曲げないぜよ。
マックスくんは、ナオミを信じてスウェーデン語か、野郎二人を信じてアメリカン・インディアン語か、と選択を迫られる。
答えたのは「スウェーデン語」と……。果たして正解は?

うん、不正解。
グッ……残念っ……!
まぁ、でも、なんか。最後は自分の愛する人を信じるってのもいいよね。道連れとなった野郎二人からすれば迷惑この上ないかもしれないけど。
それで、この一件はさすがのナオミも落ち込んでしまう。

後日、学校にて。
浮かない顔のナオミは待っていたマックスくんと気まずそうに顔を合わせます。
でもそこでいろいろ話し、マックスくんから、コソコソ付き合うのはごめんだ、僕の彼女だみんなに知ってほしいと。
そういうわけで、ナオミとマックスくんは正式な彼女ってことに。
よかったわねぇ。

あと、アレックスはレギュラーにならないのかな。
ああいう秀才タイプの文学少女がレギュラーにいたらいいのに。



ぼーんとぅびーわーああー


アニーはというと……。
とある秘密厳守のアシスタントのアルバイト募集を見つけます。
じゃあ、面接に行くかってことで雇い主の自宅まで面接に行きます。
その自宅は物で溢れかえって雑然としていて、雇い主のマーラという名の女性はちょっぴり変わった感じ。
結果は週1000ドルで採用ってこととなります。

アニーはあとで気付くんですが、このマーラはかつての大女優で、ピーター・フォンダとも交流があったのだとか。
そのマーラ。どうもアルツハイマーらしき症状がたまに出ているんですけど、さて……。
マーラがこれからの話にどう関わってくるんでしょうねぇ。



今週の新ビバリーヒルズはこんな感じです。

    18:34 | Comment:8 | Top
 
 
プロフィール
 
 

いずき

Author:いずき
ミスカトニック大学で人類学を専攻している学生です。
這い寄る混沌に会いたい。

座右の銘:人生ライク・ア・ローリング・ストーン

ほしいもの:等身大ボイド人形

自慢できること:赤ん坊の頃のオルセン姉妹を見分けられること

好きな映画:タクシードライバー

好きなディーン:サムがピンチの時にいち早く駆けつけショットガンをぶっ放すディーン

嫌いなディーン:地獄日初日に拷問側にまわり生き生きとした目で拷問するディーン


ホームページ
http://perepe.uijin.com/

Twitter
https://twitter.com/Izu_Perepe

Tumblr
http://izuperepe.tumblr.com/







我が墓碑銘



心はいつだってハード・ロック少年でいたい

 
 
リンク
 
 
 
 
カレンダー
 
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
 
最新記事
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
カウンター
 
 
現在の閲覧者数:
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。